ハリーポッターと呪われた子供、日本語版発売日はいつ?

top
top

ハリーポッターの最新作

ハリーポッターと呪われた子供」の発売が

2016年7月31日に決定しましたね!

 

前作の「ハリーポッターと死の秘宝」が完結編とされていましたが、

約8年ぶりの新作にネットでは歓喜の声が多数挙がっています。

 

今回の新作「ハリーポッターと呪われた子供」は

もともとイギリスの演劇舞台の脚本だったそうです。

 

ですが、舞台を見に行くことができないという人のために

今回の書籍化が実現しました。

 

となると、次に気になるのは

「ハリーポッターと呪われた子供」の日本語版小説の発売日ですよね?

 

なので「ハリーポッターと呪われた子供」の日本語版小説の発売日と

ストーリーについても合わせて紹介していきます。

 

 

【追記】

「ハリーポッターと呪われた子供」の日本語版小説の発売日と予約開始日が決定しました。

ハリーポッターと呪われた子供の日本語版発売日や価格について

 

「ハリーポッターと呪われた子供」の映画化については、以下のリンクからどうぞ!

ハリーポッターと呪われた子供の映画公開日について

 

 

 

 

 


 

 

ハリーポッターと呪われた子供のストーリー

 

「ハリーポッターと呪われた子供」は、

前作の「ハリーポッターと死の秘宝」から19年後の世界

 

「ハリーポッターと死の秘宝」のラストでは、

ハリーはジニーと結婚し、3人の子供を持つ父親となりましたが、

今回はそんなハリーとその子供・次男の「アルバス・セブルス・ポッター」の2人が

メインとなってストーリーが展開していきます。

 

 

現在ハリーは魔法省の職員として忙しく働いていますが、

過去と葛藤する日々が続きます。

 

一方で、次男のアルバスも父親であるハリーがかつての英雄ということで

望まない重圧に対して苦悩しつつも懸命に向き合っていました。

 

そんな父親のハリーと次男のアルバスは、

思いもしない真実を知ってしまうのです…。

 

 

というのが、「ハリーポッターと呪われた子供」のストーリーになります。

 

 

なぜ長男ではなく次男に焦点が当てられているのか、

というのも今回のストーリーに大きく関係しているのかもしれません!

 

また、ロンとハーマイオニーの子供や

ドラコの子供も今回登場するかもしれませんね。

 

親子2世代での登場となれば、ファンにとってはかなり嬉しい展開です。

 

もしかすると、今後は子供たちがメインとなって

また続編が発売されるかもという期待も膨らみますね♪

 

 

スポンサードリンク

 

ハリーポッターと呪われた子供の日本語版発売はいつ?

 

書籍の発売が決定しましたが、

私たち日本人にとって重要なのは日本語版の発売ですよね?

 

なので、「ハリーポッターと呪われた子供」の日本語版の発売日を、

過去の発売日を元に予想してみました。

 

 

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

 

・原書版発売日

2003年6月21日

 

・日本語版発売日

2004年9月1日

 

 

ハリーポッターと謎のプリンス

 

・原書版発売日

2005年7月16日

 

・日本語版発売日

2006年5月17日

 

 

ハリーポッターと死の秘宝

 

・原書版発売日

2007年7月21日

 

・日本語版発売日

2008年7月23日

 

 

過去3作品まで遡って発売日を調べてみましたが、

どれも1年~1年半ほどで日本語版が発売されています。

 

ということは、

「ハリーポッターと呪われた子供」の原書版の発売日が2016年7月31日ですので、

日本語版は2017年の秋から冬までの間で発売になりそうです。

 

 

今から日本語版の発売が楽しみですね♪

 

 

【追記】

「ハリーポッターと呪われた子供」の日本語版小説の発売日と予約開始日が決定しました。

ハリーポッターと呪われた子供の日本語版発売日や価格について

 

「ハリーポッターと呪われた子供」の映画化については、以下のリンクからどうぞ!

ハリーポッターと呪われた子供の映画公開日について

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事