9マス将棋ルールまとめ!無料フラッシュやアプリゲームは?

maxresdefault

「どうぶつしょうぎ」などのゲームを多数販売している幻冬舎が、「9マス将棋」という新たな商品を開発しましたね。

 

本来将棋は9×9の81マスで行うのですが、なんと「9マス将棋」はその名の通り、3×3の9マスのみで行います。

ありそうでなかった新しい仕上がりになっていますよ。

 

そこで、今回は9マス将棋の詳しいルールについてまとめていきます。

また、気になる無料フラッシュやアプリゲームについても紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

 

9マス将棋のルールまとめ

基本的なルールは普通の将棋とあまり変わりません。

コマの進め方や相手の王将を詰ますことができれば勝ちという点は同じですよ。

 

では、本来の将棋と9マス将棋の違いは何なのか?

そのルールの違いを見ていきましょう。

 

初期配置は40通り

本来の将棋は、初期配置が決まっています。

将棋をしたことがない人でも少しくらいは見たことがあると思います。

base

しかし、9マス将棋は初期配置がなんと40種類あるんです!

 

この初期配置によって、戦略が大きく変わってくるわけですね。

というのも、初期配置によって、その対局で使わない駒が出てきますし、相手は使えて自分には使えない駒というのも出てきます。

 

例えば、この初期配置。

1faf872f

 

この初期配置の場合、「金」「銀」「桂馬」「香車」はこの対局では使用しません。

しかも、相手は「角行」が使えるのに対して、こちらは使えないのです。

逆もしかりで、相手は「飛車」を使えません。

※相手の駒をとれば、持ち駒として使用することは可能です。

 

こういった初期配置が40種類用意されているので、よりゲーム性に深みが出てきますね。

 

ちなみに初期配置はフォーマットで決まっていて、プレイヤーが好きな駒を選んで並べていくわけではありませんよ。

 

 

駒が成れる範囲が異なる

将棋は相手の陣地に駒を進めることができれば、成ることができ、駒の性能がパワーアップします。

本来は相手側3列分が相手の陣地とされていますが、9マス将棋の場合、これではゲームになりません。

yjimageC146HD5Q

 

しかしながら、当然「9マス将棋」でも成るというルールは存在します。

成ることができるのは、相手側1列分のみ。

本来の将棋を3分の1のサイズに小さくしたのですから、陣地も3分の1になるというわけですね。

 

スポンサードリンク

 

9マス将棋の無料フラッシュやアプリゲームはある?

結構気になって調べてみる人が多いようですね。

単刀直入に言うと、残念ながら現時点では「9マス将棋」の無料フラッシュやアプリゲームはありません。

 

ただ同じ3×3マスの9マスで行う「3三将棋」や5×5マスで行う「5五将棋」などの変則将棋が存在します。

多少ルールは異なりますが、気になる方はやってみてもいいかもしれませんね♪

 

あとは、初期配置さえ分かってしまえば、わざわざ「9マス将棋」を購入しなくても、家庭にある普通の将棋盤で遊ぶことができますね。

初期配置に関しては公式の動画で確認可能ですよ。

 

・「9マス将棋」商品説明動画

 

初期配置40種類はこんな感じです。

9マス将棋

 

「9マス将棋」は盤面が小さくなった分、子供や初心者向けのイメージがあるかもしれません。

もちろん、駒の動かし方を覚えたばかりの初心者は楽しむことができますが、長年将棋を嗜んでいる方でも「これは…」とつい唸るような場面が出てきますので、初心者から玄人までが楽しめるゲームですね。

 

また、一回一回の対局時間がかなり短いので、展開が早くてサクサク遊べるというのも魅力の一つと言えます。

本来将棋は一回の対局に1時間とか2時間とか普通にかかりますからね。

ちょっとした空き時間にぴったりのゲームですよ。

 

お子さんにプレゼントして、一緒に楽しんでみるというのもおすすめですよ♪

是非気になる方は購入してみても良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事