上田良一の略歴や学歴は?NHK新会長就任で独裁体制は変わる?

元NHK会長である籾井勝人さんが退任し、次期会長に就任することになった上田良一さん。

今回の就任はさまざまなメディアでも取り上げられ、上田良一NHK新会長に注目が集まっていますね。

そこで、NHKの新会長である上田良一さんの略歴や学歴について紹介していきます。

 

また、籾井勝人会長時代は「国谷降板問題」や「籾井独裁体制」などの問題を抱えていたNHKですが、新会長が上田良一さんになったことで変わっていくのか?

そこについても、記述していこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

上田良一(NHK新会長)の略歴や学歴は?

上田良一さんは1949年5月23日生まれの長崎県出身。

 

ラ・サール中学校、高等学校を経て、一橋大学法学部に入学と、まさにその学歴はエリートそのものですよ。

上田良一さんの入学した一橋大学法学部は偏差値67.5の超有名校。

同じ一橋大学の卒業生を見てみると、

  • 月桂冠社長
  • アステラス製薬社長
  • 東京電力取締役代表執行役社長
  • 博報堂DYホールディングス社長

などなど。

日本を代表する一流企業社長の名前がずらりと並んでいます。

こうして見てみると、上田良一さんの学歴の凄さがより分かりますね。

 

上田良一さんは大学卒業後、三菱商事株式会社に入社。

研修生を経て、フランスに留学し経営学修士(MBA)の学位を修得します。

経営学修士は大学院卒業レベルの難易度と言われていますが、海外MBAだとネイティブ並みの英語力が必要なので、英語に関してはかなり堪能なんでしょう。

 

その後もさまざまな部署を経験していき、1999年にはリスクマネジメント部長に就任。

そして2010年には三菱商事株式会社代表取締役副社長執行役員という地位にまで登り詰めます。

この頃の上田良一さんの年収は、なんと1億2000万円を超えていたとのこと。

庶民の私には桁が違い過ぎて全くイメージできません…。

ちなみに、老後の生活には1億2000万円が必要だと言われています。

つまり、上田良一さんはたった1年で老後に必要なだけのお金を稼いでいたということになりますね。

 

2013年6月には、三菱商事副社長を退任。

退任した翌日には、NHK経営委員会の常勤の委員に任命されます。

ある日刊紙では「受信料から2200万円もの報酬を受け取っている」といった内容の批判がされていましたが、三菱副社長時代の役員報酬と比べると、その報酬は約1億円ものダウン。

やはりNHKの受信料に関しては、非難の的となりやすいんでしょうかね。

 

2015年には、元NHK会長の籾井勝人が私的にゴルフをプレイした際に利用したハイヤー代がNHKから支出されていたという問題を、監査委員として調査しています。

上田良一さんは籾井勝人元NHK会長への聴取を実施し、NHK秘書室の対応に「ずさんのそしりを免れない」と痛烈に非難。

籾井勝人元NHK会長に対しても公私の区別をつけるよう求めたものの、背任罪は成立しないという結果に至ります。

 

スポンサードリンク

 

上田良一NHK新会長就任で、籾井勝人時代の独裁体制は変わるのか?

籾井勝人会長時代のNHK体制は独裁的なものだったと、多くのマスコミの間で語られています。

 

有名なもので言うと「国谷降板問題」が挙げられますね。

 国谷降板問題は2014年7月、番組に菅義偉官房長官が出演した際、国谷キャスターが安保関連法案について食い下がって質問を続けたところ、官房長官が不機嫌な態度となり、その後、国谷キャスターが番組を降板することになったものだ。

 籾井会長が明らかに政府寄りの姿勢を見せていたため、さらにNHKの報道姿勢も問われたが、番組を制作していた現場サイドではそれ以降、籾井体制への反発心が強まっていたという。

 

こういった現場サイドでの籾井勝人NHK元会長への不信感が徐々に大きくなった結果、籾井勝人による独裁的な体制も同じくエスカレートしていったそうです。

というのも、こういった籾井勝人の体制に反発心を持つスタッフは、ブラックリストに名を刻まれ、人事に響くという噂も広まっていったのです。

籾井勝人NHK元会長の不満を局内で漏らせば、上司から叱責の嵐ということもあったそうですね。

そういったこともあってか、国谷キャスターの降板を反対していた職員が、手のひらを返したかのように急に態度を変えるということも多々あったのだとか。

 

今回の上田良一NHK新会長就任で、こういった籾井勝人さんの独裁体制は変わるのでしょうか?

 

これまでNHKの問題を数多く取材してきたライターの方曰く、答えは「NO」。

籾井勝人さんは元三井物産の副社長、上田良一さんも元三菱商事の副社長だった人物です。

三井物産と三菱商事。

どちらの会社も与党にべったりの企業なので、大きく変わることはないという見解です。

 

籾井勝人さんと上田良一さんでは会長としてのタイプが異なるのですが、体制の本質は今までと変わらずNHKは政府寄りとなりそうですね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事