佐藤利香(卓球)の経歴は?出身高校やオリンピック戦績も

cc0160150924_TP_V

平野美宇ちゃんが全日本卓球選手権大会女子シングルスで最年少優勝を果たしたことが話題となっていますね。

これまでの全日本卓球選手権大会の女子最年少優勝記録保持者は、佐藤利香さん。

 

そこで気になるのは、佐藤利香さんの経歴ですよね?

一体佐藤利香さんとは一体どういう方なんでしょうか?

詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

佐藤利香の経歴は?

佐藤利香さんは1971年11月12日に生まれ、宮城県仙台市の出身です。

右利きのシェークハンドで、卓球選手としてはかなりの実力の持ち主。

 

京浜女子商業高等学校(現在の白鵬女子高等学校)に在学していた際に、全日本卓球選手権女子シングルスで優勝しています。

この優勝は1988年のこと。

この最年少記録は、2017年1月22日に優勝した平野美宇ちゃんに記録を塗り替えられるまでの29年間守り続けてきました。

その後も全日本卓球選手権で二度の優勝を果たしているんですから、凄いですよね!

 

ちなみに、この2人の全日本優勝時の年齢は

  • 佐藤利香:17歳1ヶ月
  • 平野美宇:16歳9ケ月

となっています。

その差はわずか4ヶ月。

あの福原愛ちゃんですら、全日本卓球選手権大会の女子シングルスで優勝したのが23歳のときですから、その凄さが分かりますよね。

 

さらに佐藤利香さんはオリンピックには2度出場しているという経歴もあるんですよ。

1992年にはバルセロナオリンピック、1996年にはアトランタオリンピックに出場しています。

しかし、どちらも中国の選手に敗れてしまい、予選リーグ敗退という残念な結果に。

 

その後は和歌山銀行に所属。

現在は明徳義塾中学校・高等学校の女子監督として選手の指導や育成を行っています。

 

その他、日本代表コーチを務めたり、実況中継を担当したりするなど、卓球業界の活発化に一役かっていますよ。

 

スポンサードリンク

 

佐藤利香は、現在指導者として活躍中

佐藤利香さんは現在明徳義塾中学校・高等学校の女子監督として選手の指導や育成を行っています。

その他にも卓球を上達するためのDVDを多数出すなど、卓球初心者の方に向けても活躍していますね。

 

そんな佐藤利香さんが実際に指導している動画がありましたので、気になる方は是非ご覧ください。

 

福原愛ちゃんや平野美宇ちゃんといった日本を代表する卓球選手が現れたことで、今や卓球はマイナースポーツからメジャースポーツとなっています。

今後もこういったオリンピックで活躍する選手を育成して、卓球業界を盛り上げていってほしいですね!

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事