大渕愛子の大人ぜんそくの症状や治療法は?正式な病名も調べてみた

弁護士として活躍する大渕愛子さんが「大人ぜんそく」という病気にかかってしまったようです。

「大人ぜんそく」ってどんな病気なのか気になる方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、大人ぜんそくの症状や治療法について記述していきます。

また、大人ぜんそくの正式な病名についても調べてみましたよ。

 

スポンサードリンク

 

大人ぜんそくの正式な病名は?

この「大人ぜんそく」というのは正式な病名ではないそうですね。

実は大人ぜんそくの正式な病気名は「成人気管支喘息」といいます。

 

この「成人気管支喘息」はその名の通り、これまで喘息でなかった人が成人になって喘息になってしまうという病気です。

なんと、この大人ぜんそくを患う人は過去30年間で3倍にまで増加しているそうですよ。

ここまで増加しているわけですから、他人事では済まなくなりそうですね。

もしかすると、あなたもいずれ大人ぜんそくを患ってしまう可能性は十分にあるということです。

 

今のうちから大人ぜんそくについての知識を身に付けておき、いざというときに迅速に治療できるようにしておきたいものですね。

 

大人ぜんそくの症状

そんな大人ぜんそくにかかってしまった場合、一体どんな症状が出るのでしょうか?

 

大人ぜんそくはアレルギー性の炎症によって気管支が狭くなってしまう病気です。

分かりやすく言うと、気管支が狭くなってしまうので発作の起こりやすい状態になってしまうということですね。

 

大人ぜんそくの原因とされる炎症を放置しておくと、発作の起こりやすい状態が慢性化していきます。

慢性化してしまうと、咳が止まらなくなったり呼吸をするたびにゼーゼーといった音がするようになったり(喘鳴)します。

常に息苦しい状態が続くわけですよ。

 

さらに、発作が起こると空気の通り道である気道の粘膜が過敏に反応するようになります。

こうなると、痰(たん)が異常に分泌されて気道を塞いでしまい、呼吸な困難な状態に。

この発作は治療により数分から数時間で収まるのが通常ですが、あまりにも長く続いてしまうと最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

この大人ぜんそくの最も恐ろしいところは、病気に気付きにくいということ。

今まで喘息でなかった人が急に喘息になるわけですから、単なる風邪と勘違いしやすいんですよ。

治療が遅れてしまったら、大人ぜんそくはどんどんと慢性化していきます。

少しでもおかしいと感じたら、お近くの病院で診察してもらうようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

大人ぜんそくの治療法

万が一大人ぜんそくにかかってしまった場合、どういった治療法が行われるのでしょうか?

喘息の治療法は大きく2つの治療法があります。

  • コントローラー(長期管理薬)
  • リリーバー(発作治療薬)

 

それぞれの治療法について詳しく見ていきましょう。

 

コントローラー(長期管理薬)による治療法

コントローラーは、発作を予防するための薬です。

  • 気道の慢性的な炎症を抑える
  • 気道を長時間の間広げる

といった効果があります。

 

リリーパー(発作治療薬)による治療法

リリーパーは発作を早く和らげるための薬です。

突然発作が起こった場合に、応急的に使用します。

 

基本的に大人ぜんそくの治療は、この2つの薬を上手く使い分けて行っていきます。

 

 

単なる風邪と勘違いしやすい大人ぜんそく。

風邪が長引く、咳が止まらないといった場合、もしかすると大人ぜんそくを患っている可能性もあります。

大丈夫だろうとたかをくくらず、少しでも怪しいと感じたら病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事