FM群馬の道路交通情報の女性は誰?月曜から夜更かしで人気

Peiz78_yurikamomeakatukihutou20141117142532_TP_V

2017年2月13日24時から放送の「月曜から夜更かし」。

今回は群馬特集ということで、FM群馬の道路交通情報を担当している女性が人気だというのです。

このFM群馬で道路交通情報を伝えている女性は一体誰なのか?

そして、この女性が所属している日本道路交通情報センターとは一体どういう仕事をしているのか?

これらを詳しく調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

FM群馬の道路交通情報の担当女性は誰?

FM群馬の道路交通情報担当の女性って一体誰なのか、気になりますよね?

いろいろ調べてみたところ、ネットで出回っている一番最近の情報では「金子さん」という女性らしいです。

 

Youtubeに実際の声も動画としてアップされていますので、気になる方は一度聞いてみても良いかもしれません。

私が実際に聞いた感想としては、金子さんの声はなんとも可愛らしい声。

ちょっと鼻にかかったような声が特徴的ですね。

 

金子さんの可愛い声から、たとえ渋滞していたとしても癒されると言います。

 

男性なら分かるかもしれませんが、こういった声に弱い方って多いんじゃないでしょうか?

アニメ声というか、可愛らしい印象を持ちますよね。

 

「月曜から夜更かし」でも取材をしていましたが、顔出しNGで年齢も非公開でした。

 

そんな金子さんですが、日本道路交通情報センターというところで働いています。

普段ここで働いているアナウンサーはどういう仕事をしているのでしょうか?

そんな気になる仕事内容についても触れていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

日本道路交通情報センターの仕事とは?

ラジオなどで道路交通情報を伝えてくれる日本道路交通情報センター。

そもそも日本道路交通情報センターとは一体何なのか?ということから説明していこうと思います。

 

日本の道路は以下の3つに分類。

  • 一般道(警察)
  • 首都高(首都高管理会社)
  • 高速道路(NEXCO)

これらの道路はそれぞれ警察、首都高管理会社、NEXCOが24時間体制で情報を分析しています。

それぞれ3つの機関から情報を収集し、ラジオなどを使って全国に事故や渋滞情報を発信しているのが、日本道路交通情報センターなんですね。

 

日本道路交通情報センターは各都道府県に存在し、全国の133か所にあります。

そのうち53か所でラジオ放送を行っているんですよ。

 

さらに、日本道路交通情報センターでは24時間いつでも交通情報を電話案内しています。

費用も通話料のみですので、かなりお手軽に利用可能ですよ。

その手軽さからか、交通情報に関する問い合わせは、なんと1日に1000件以上もあるのだとか。

 

そんな全国の道路交通情報が集まる日本道路交通情報センターは、ラジオなどでも交通情報を発信しています。

ラジオ放送を行っているセンター内には、それぞれ放送ブースが設けられているんですよ。

交通情報を発信するアナウンサーは、このブースでラジオ放送に参加するわけです。

 

アナウンサーは本番前にはセンターのパソコンから交通情報を把握。

頭の中で地図を思い浮かべながら情報を整理し、構成を考えます。

 

構成が出来上がると、ブース内でリハーサルを行うのですが、本番ギリギリまでブースの扉は開けっ放しで行うそう。

これは本番直前に速報ではいった事故の情報を聞くためだそうです。

「渋滞が解消された」「事故が発生した」というような情報を素早く発信するためですね。

 

ラジオなどではわずか数分の道路交通情報ですが、その裏にはこのような仕事をしていたんですよ。

最近ではラジオを聞く人は減少傾向にありますが、たまに聞くとやっぱり良いものです。

そのときには、是非道路交通情報にも耳を傾けてみてくださいね。

 

 

同じく月曜から夜更かしで話題となった金沢大学の北溟サーキットについては以下をご覧ください。

月曜から夜更かし、北溟サーキットとは?金沢大学寮の風呂場伝統競技

2016.01.18

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事