井上浩輝(キタキツネ写真家)写真展の評判!使用カメラや年収は?

goricanon0I9A0357_1_TP_V

2017年2月19日に放送される「情熱大陸」に出演する写真家の井上浩輝さん。

北海道でキタキツネを中心に動物や自然の写真を多数撮影している写真家なんですね。

 

アメリカの歴史ある自然科学雑誌「ナショナルジオグラフィック」のフォトコンテストネイチャー部門で、日本人初の1位に輝いた今注目の写真家です。

そんな井上浩輝さんの作品を実際に見たいという方のために、井上浩輝さんの写真展の評判について調べてみました。

 

また井上浩輝さんの使用しているカメラや年収についても調査してみましたので、そちらも合わせてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

井上浩輝の写真展の評判は?

今注目の井上浩輝さんの写真展。

これまで開催されていた写真展に実際に行ってみた人の感想についてまとめてみました。

是非井上浩輝さんの写真展に行こうかどうか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

   

 

 

井上浩輝さんの写真の魅力はなんといっても、自然な動物たちの姿。

私は恥ずかしながら、今回の情熱大陸出演をきっかけに井上浩輝さんという写真家さんの存在を知り、何枚か作品を見させていただきました。

その作品のどれもが、自然の本来の姿を映し出しているんですよね。

 

被写体の動物たちもカメラを一切警戒しておらず、ありのままの姿。

ツイッターの感想にもありましたが、あまりにも自然な動物の姿ゆえに本当に絵画なんじゃないかと錯覚してしまいます。

上手く表現できませんが、井上浩輝さんの作品を見ていると、写真の中に吸い込まれていくような感覚になるんですよ。

 

スポンサードリンク

 

井上浩輝の使用しているカメラは?

同じく写真を嗜んでいる方にとって気になるのは、井上浩輝さんが使用しているカメラについて。

一体どんなカメラを使っているのか参考にしてみたいですよね。

 

おそらく写真家という職業柄いろいろなカメラを、そのときの状況やイメージした写真ごとに使い分けているのだと思われます。

そのため、井上浩輝さんが使用しているカメラすべてを調べるといったことはできませんでしたが、井上浩輝さんが実際に使用している一部のカメラの特定に成功しましたので記述していこうと思います。

 

デジタルカメラLUMIX(ルミックス)/DMC-FZH1【パナソニック】

 

デジタルカメラCyber-shot(サイバーショット)/DSC-RX100M4【ソニー】

 

調べてみた結果、井上浩輝さんは上記2つのカメラを使用していることが分かりました。

井上浩輝さんのブログ内でも、これらのカメラを使った作品が多数ありますので、本人もかなり愛用されているものと思われます。

多少値段は張りますが、デジタルカメラの中でもトップクラスの性能を持っていますので、気になる方は購入してみるのも良いかと思いますよ。

 

その他、水中写真家の第一人者である中村征夫さんが使用しているカメラについても当ブログで紹介しています。

カメラをお探しの方は、こちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

中村征夫(水中写真家)の写真展の評判!子供や使用カメラは?

2017.03.06

 

井上浩輝の年収は?

2016年を境に生活が目まぐるしく変わったという井上浩輝さん。

ちょっといやらしい話になりますが、一体現在いくらくらい稼いでいるのか気になりますよね?

そこで、井上浩輝さんの年収についても調査してみました。

 

まずフリーランスのカメラマンの年収について調べ見たところ、その年収は本当にピンキリ。

少ない人だと200万円程度、大御所といわれる超有名カメラマンにまでなると8000万円くらいの年収になるそうですよ。

まさに実力主義な厳しい世界ですよね。

しかしながら、ほとんどのカメラマンの平均年収は、400万円~800万円くらいが相場なようです。

 

では、井上浩輝さんの年収はいくらなのか?というと、まさに今が旬の写真家さんです。

写真展だけにとどまらず、トークショーや写真教室までも開かれていることを考えると、カメラマンの平均年収以上は稼いでいるのではないでしょうか?

個人的な予想としては、年収1000万円くらいじゃないかなーと思いますね。

 

井上浩輝さんは、写真家を志してわずか5年。

カメラの知識などは完全に独学で始めたにも関わらず、これだけ稼いでいるとは…。

今後も大きく活躍していくこと間違いなしの井上浩輝さん。

これからの活躍にも注目ですね!

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事