工藤詠世(ドラマー)の子供の頃と現在は?ライブの感想も

MS251_akostdram_TP_V

2017年2月21日に放送される「笑ってコラえて」に出演するドラマーの工藤詠世(えいせい)さん。

工藤詠世さんは実は16年前の幼稚園児時代にも「笑ってコラえて」に天才ドラマーとして出演していたんですよ。

今回の放送では、以前の出演から16年経った今現在の工藤詠世について放送されるようですね。

 

そこで、工藤詠世さんの子供の頃と現在について調べてみました。

また、工藤詠世さんが活躍する「スーパーシューズ」や「EISEI+SEISYO」のライブの感想についても記述していきます。

 

スポンサードリンク

 

工藤詠世の子供の頃は?

工藤詠世さんが初めて「笑ってコラえて」に出演したのは今から16年前。2001年のときですね。

「幼稚園の旅」で取材された工藤詠世さんは、当時6歳。

幼稚園児らしからぬ、見事なドラムさばきで天才ドラマーとして「笑ってコラえて」で取材されていましたね。

 

そんな工藤詠世さんが初めてドラムのスティックを持ったのは1歳の頃。

父親がバンドを組んでいたという影響もあってか、かなりの英才教育を受けてきたんでしょう。

幼少期から父親のバンドのドラムを叩いたりもしていたらしいですね。

 

「将来はウルトラマンになりたい」。

6歳だった工藤詠世さんが「笑ってコラえて」でコメントしていた当時の夢です。

いかにも幼稚園児らしい可愛い夢ですよね。

 

私も子供の頃は「スーパー戦隊シリーズ」とか「仮面ライダー」とか大好きでしたね。

きっと男の子なら、誰しもが語ったことのある夢なのではないでしょうか?

そう考えると、天才ドラマーと言われていた当時の工藤詠世さんは、意外と普通の男の子だったんですね。

 

工藤詠世の今現在は?

子供の頃に天才ドラマーとしてテレビ出演を果たした後も、ひたすらドラムを叩き続けた工藤詠世さん。

実はさまざまなライブで活躍する凄腕のドラマーになっているんですよ。

 

現在は「スーパーシューズ」というバンドと、「EISEI+SEISYO」という弟とのユニットで活動います。

さらに、ゲーム会社であるSEGAのサウンドユニット「H.」の公式ドラマーとしても活躍しているんですよ。

 

ちなみに、左が工藤詠世さんの画像、右が弟の工藤世丞(せいしょう)さんの画像です。

髪型がまさかのロン毛!

いかにもミュージシャンって感じの見た目になっています。

でも、2人ともめちゃくちゃイケメンですよね。

 

弟の工藤世丞さんはまだ14歳で中学生。

これだけイケメンで、しかも音楽までできるとなれば、きっと学校ではモテモテなんでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

「スーパーシューズ」や「EISEI+SEISYO」のライブの感想

ここでは、実際に工藤詠世さんが参加されているバンド「スーパーシューズ」と「EISEI+SEISYO」のライブの感想についてまとめています。

すべてツイッターに掲載されていたライブの感想になりますので、是非ライブに行ってみようか迷っている方は参考にしてみてくださいね。

EISEI+SEISYOさんのステージ、今年も拝見拝聴しました~!

お二人とも本当に息がピッタリだし楽しそうに演奏なさるんだもんなぁ。すごいよねあれ。

ファンになって今年で3年目です。

来年もまたジャズフェスに参加されるのならば絶対行きます 詠世さんお仕事頑張ってください~

 

昨日のスーパーシューズ そしてEISEISEISYOすごくかっこよかったです! 耳が幸せでした(^ ^)

 

EISEI+SEISYO」さんのライブに行ってきた!

ツインドラム!ヤバイ!すごい! カッコイイ!(」°ロ°)」

ドラムもギターも歌も出来るなんて! すごい!ズルい!そして若い!

息ピッタシで!ヤバイ!すごい!

※ライブレポが向いてない

 

感想として共通して挙げられるのは、工藤詠世さんと工藤世丞さんの兄弟2人の阿吽の呼吸ぶり。

息ピッタリの2人の演奏は、兄弟ならではでしょうね。

 

イケメンかつライブも人気の工藤詠世さん。

おそらく今回の「笑ってコラえて」の出演で、一気に知名度は上がると思います。

工藤詠世さんの今後の活躍に注目ですね!

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事