芦川いづみの今現在は?映画出演作品や子供も調べた

ELLsyuumeigiku150928457696_TP_V

2017年4月7日に放送される「徹子の部屋」に出演する藤竜也さん。

トーク内では、そんな藤竜也さんの妻である芦川いづみさんの話題が出てくるようです。

 

かつて女優として活躍していた芦川いづみさんを懐かしく感じる方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、藤竜也さんの嫁である芦川いづみさんの今現在は何をしているのか?

また、これまでの映画出演作品や子供についても調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

芦川いづみの今現在は?

藤竜也さんと結婚されてからというもの、ほとんど映画やドラマといったテレビ出演がなくなった芦川いづみさん。

今現在は一体何をしているのでしょうか。

 

どうやら芦川いづみさんは1968年に藤竜也さんと結婚されてから、女優業を引退。

確かに映画・ドラマ出演ともに藤竜也さと結婚した1968年以降、ぱったりと出演されていません。

今現在は完全に家庭に入り、藤竜也さんのサポートに徹しているようですよ。

 

芦川いづみさんが結婚後に公の場に姿を見せたのは、著名俳優陣が集まる合同パーティーの1回きり。

その他には、石原裕次郎さんや南田洋子さんの死去に際して、スポーツ新聞にコメントを寄せたくらいです。

今や完全に芸能界を引退し、一般人として生活されているんですね。

 

スポンサードリンク

 

芦川いづみの出演映画作品は?

芦川いづみさんの女優としての、これまでの出演映画作品についてまとめてみました。

東京マダムと大阪夫人(1953年)

青春怪談(1955年)

七つボタン(1955年)

風船(1956年)

東京の人(1956年)

洲崎パラダイス赤信号(1956年)

乳母車(1956年)

孤濁の人(1957年)

幕末太陽傳(1957年)

嵐を呼ぶ男(1957年)

佳人(1958年)

陽のあたる坂道(1958年)

紅の翼(1958年)

祈る人(1959年)

青年の樹(1960年)

やくざの詩 (1960年)

霧笛が俺を呼んでいる(1960年)

喧嘩太郎(1960年)

あした晴れるか(1960年)

あいつと私(1961年)

堂堂たる人生(1961年)

アラブの嵐(1961年)

硝子のジョニー 野獣のように見えて(1962年)

しろばんば(1962年)

青年の椅子(1962年)

憎いあンちくしょう(1962年)

青い山脈(1963年)

真白き富士の嶺(1963年)

美しい暦(1963年)

鉄火場破り(1964年)

若草物語(1964年)

日本列島(1965年)

四つの恋の物語(1965年)

結婚相談(1965年)

夜のバラを消せ(1966年)

嵐を呼ぶ男(1966年)

君は恋人(1967年)

大幹部無頼(1968年)

孤島の太陽(1968年)

 

出典元:wikipedia

 

芦川いづみさんは1952年に高校を中退し、松竹歌劇団に入団。

その翌年には映画で女優デビューされているわけですから、凄いですよね。

 

実際映画デビューの1953年から1968年の15年間で、39本の映画作品に出演されています。

単純計算で年に2~3本の映画を撮っている計算に。

多いときは1年で5本の映画に出演されていますから、一体いつ寝ていたのかすら疑問です。

当然映画作品だけでなくテレビドラマにも出演されていたわけですから、かなり多忙な日々を送っていたんでしょう。

まさに当時は売れっ子女優だったんですね。

 

それだけに芦川いづみさんの引退は、当時のファンにとってはかなり衝撃的だったでしょう。

 

芦川いづみと藤竜也の間に子供はいる?

芦川いづみさんの夫が藤竜也さんというのは有名な話ですが、芦川いづみさんと藤竜也さんの間に子供はいないのでしょうか?

いろいろと調べてみましたところ、どうやら息子さんが1人いて3人家族という情報がネット上のあちこちに書かれています。

 

ただ、この子供がいるかどうかというのは、公式サイトでは一切触れられていません。

なので、もしかするとデマという可能性も十分に考えられますので、ご注意を。

 

もし本当に息子さんがいるのであれば、芦川いづみさんと藤竜也さんは1968年に結婚されていますので、息子の年齢は40代くらいでしょうか。

もしかすると、「徹子の部屋」に出演される藤竜也さんの口から、息子さんに関する情報が出てくるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事