森英恵の資産や年収は?若い頃やサングラスのブランドも調査

5月2日に放送されるテレビ番組「徹子の部屋」。

今回出演されるのは、森泉さんや森星さんを孫に持つ森英恵さんです。

ちょっと読み方が難しいのですが、森英恵と書いて「もりはなえ」と読むそうですよ。

 

お金持ちでお嬢様のイメージの強い森泉さんの祖母ということなので、やっぱり気になるのは資産や年収ですよね?

そこで、森英恵さんの資産や年収について調べてみました。

 

また若い頃の森英恵さんについてや森英恵さんのトレードマークでもあるサングラスのブランドについても調査しましたので、是非こちらも合わせてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

森英恵の資産や年収は?

森英恵さんはその名前をとって、オートクチュールメーカーの「ハナエ・モリ」を設立されています。

森英恵さんは、1970年から1980年代にかけて、多くの女性から支持を受けてきたファッションデザイナーの1人。

 

孫の森泉さんもお金持ちのイメージの強いタレントさんですから、祖母の森英恵さんもかなりお金を持っていそうですよね。

そこで、森英恵さんの資産や年収について調べてみました。

 

今現在は森英恵さんは、「ハナエ・モリ」の代表を退いていますから、詳しい年収の方は残念ながら分かりませんが、過去にどれくらいの年収だったのかを予想することは可能です。

現在「ハナエ・モリ」の資本金が7500万円。

この資本金を目安におおよその社長の年収を算出することができるらしいのです。

 

資本金5000万円から1億円未満の会社の社長の場合、おおよその年収は約1000万円くらいらしいですよ。

おそらく「ハナエ・モリ」も例外ではなく、社長だった森英恵さんもこれくらいの年収は得ていたものと考えられます。

 

ちなみに森英恵さんの資産ですが、一般的に年収750万円~1000万円クラスの人たちで総資産額は3000万円以上と言われています。

森英恵さんの日頃の生活水準にもよりますが、おそらく総資産は1億くらいはあるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

森英恵の若い頃は?

森英恵さんといえば、やり手のファッションデザイナーというイメージが強いでしょう。

ですが、実際はファッションデザイナーになったのは結構遅いんですよ。

 

森英恵さんは22歳のときに、現在の旦那さんである森賢さんと結婚。

その頃に旦那の森賢さんの家業であった繊維会社で働きながら、ドレスメーカー女学院に通い、服の勉強をされてきました。

25歳の頃には、勉強されてきたファッションの知識を活かし、洋裁店「ひよしや」をオープン。

これがきっかけとなり、ファッションデザイナーとして400本にものぼる映画の衣装を手掛けるまでになるわけです。

 

そして、28歳の頃に、「ハナエ・モリ」の前身である「ハナヱ・モリ」をオープンさせるまでに至ります。

 

森英恵のサングラスのブランドは?

森英恵さんといえば、トレードマークと言えるほど身に付けられているサングラス。

「ハナエ・モリ」のプロフィール紹介の写真でもサングラスをかけられているほどなんですよ。

 

そこで、気になるのが森英恵さんのサングラスのブランド。

ファッションデザイナーとして活躍されてきた森英恵さんが愛用するサングラスって一体どんなものなんだろう?って気になるところですよね。

そこで、森英恵さんのサングラスのブランドについても調査してみました。

 

いろいろ調べてみて、似ているサングラスを見つけたので紹介していこうと思います。

 

ちなみにこのサングラスは、「ハナエ・モリ」のサングラスでもあるのです。

実際に若い男女がかけている画像が掲載されていますが、結構オシャレな感じ。

是非気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事