野上照代の性格や映画作品は?父や旦那など家族も調べた!

PPG_yuuhiwoseniukerugennbakudome_TP_V

6月8日に放送されるテレビ番組「徹子の部屋」に出演するのは、野上照代さんです。

黒澤映画の名物スタッフとして知られ、歯に衣着せぬ発言で注目される御年90歳。

 

今回はそんな野上照代さんの性格や映画作品について調べてみました。

また、野上照代さんの父や旦那といった家族についても調査してみましたので、こちらも合わせてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

野上照代の性格や映画作品は?

野上照代さんと言えば、個人的には辛口なコメントが多いイメージ。

思ったことはズバッとぶった切る姿は、なんとも気持ちが良いですよね。

あのV6の岡田准一さんも、舞台挨拶の際に野上照代さんと共演したときに「かっこいい!」と絶賛するほどですから。

 

それだけに、なんとなく野上照代さんを苦手と思われる人も多そう。

しかし、遠慮をせずに感じたことを発言する性格だからこそ、これまでに多くの名作映画を製作できたのではないのかなーと思います。

 

実際に野上照代さんは、後輩が映画監督になった際にも、現場に駆け付けたりシナリオを読んだりと、さまざまな相談に乗ってあげるといった面倒見の良い性格なんです。

だからこそ、多くの人たちが野上照代さんを慕い、頼りにするんでしょうね。

 

 

そんな野上照代さんがこれまでに手掛けてきた映画作品には以下のものがあります。

  • 羅生門(1950年)
  • 生きる(1952年)
  • 七人の侍(1954年)
  • 蜘蛛巣城(1957年)
  • 用心棒(1961年)
  • 天国と地獄(1963年)
  • 赤ひげ(1965年)

 

この他にも、野上照代さん自身の幼少期を描いた「父へのレクイエム」も映画化されています。

それが「母べえ」という映画作品。

2008年に公開された名作映画となっています。

 

スポンサードリンク

 

野上照代の父や旦那は?

そんな野上照代さんの父や旦那さんはどんな人なのでしょうか?

家族についても気になったので、少し調べてみました。

 

なんと野上照代さんの父親は、ドイツ文学者で神戸大学の教授を務めていた野上厳さん。

野上照代さんのお父さんは、とてもすごい方だったんです。

野上照代さん自身も、女学校を卒業後に図書館講習所に通うなど、かなり勉強熱心。

やはり父親の背中をずっと見ていたためか、勉強に関してはかなり努力されてきたんでしょうね。

 

そんな野上照代さんの旦那さんについてですが、残念ながら結婚しているという情報は出てきていません。

年齢も90歳ですから、普通なら結婚されてお孫さんがいても良いくらいの年齢ですよね。

ですが、調べても情報がでてこないあたり、未だに未婚なのかもしれません。

 

かつて名女優として大活躍されていた兼高かおるさんも、実は未婚を貫いているとのこと。

兼高かおるの女学校や家系が凄い!今でも未婚の理由は?

2017.02.09

もしかすると野上照代さんと兼高かおるさんの考え方は似ているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事