ファイトリーグの感想!序盤おすすめメンバーや勝てないときのコツも

2017-05-31-149618880018869998_10154378602965810_1725913917_o

6月22日に配信されたアプリゲーム「ファイトリーグ」。

これまで話題となっていて、今か今かと配信日を待ちわびていた人は多いのではないでしょうか?

 

実は僕もファイトリーグの配信を楽しみにしていた1人。

早速ファイトリーグをプレイしてみましたよ。

そこで、実際にファイトリーグをプレイしてみた感想や評価について書いていこうと思います。

是非これからファイトリーグをプレイしてみようと思っている方は参考にしてみてくださいね。

 

また、序盤におすすめなメンバーや勝てないときの対戦のコツも紹介していこうと思います。

なかなか対戦相手に勝てないという方は試してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

ファイトリーグの感想や評価

単刀直入に言うと、めちゃくちゃ面白い!

最近のアプリゲームって結構課金したもん勝ちみたいなところがあるじゃないですか?

レア度の高いキャラが強すぎて、無課金でやっている人はなかなか勝てないみたいな。

でも、ファイトリーグの良いところっていうのは、レア度の低いキャラでも使いどころ次第で戦えるっていうこと。

 

つまり、無課金でやっている人でも楽しめるっていうことなんですよ。

実際僕もこういうアプリゲームをやるときって基本的に無課金でやってます。

なので、こういう無課金者に優しいゲームって本当に嬉しいんだよ。

 

特にファイトリーグは、他のアプリゲームと比較しても課金アイテムが入手しやすい部類に入ると思います。

ちょっとしたすき間時間にポチポチやるだけで結構な課金アイテムが入手できるのが嬉しい!

ファイトリーグのファイトマネー入手方法!効率的に集めるには?

2017.06.24

 

ファイトリーグのゲーム内容は将棋っぽい感じ

ファイトリーグのゲーム内容は、3×4の将棋っぽいマス目ゲーム。

キャラの1体ずつに攻撃範囲が決まっていて、キャラを適切な位置に配置していくことで相手に攻撃をしていきます。

 

さらに、このゲームのよくできているところっていうのが、味方に攻撃することで攻撃が連鎖していくということ。

つまり、この連鎖を繰り返していくことで、次々と味方のキャラの攻撃が発動。一気に敵に大ダメージを与えることができるんですよ。

このシステムのおかげで、一気に戦略の幅が広がる。

敵を攻撃するだけでなく、上手く連鎖を繋げられるように味方キャラを配置していくことも求められるわけですね。

 

もちろんキャラごとに特殊な能力が設定されています。

例えば、

  • 自分の手番が終わるまで味方メンバー数ぶん攻撃力100アップ
  • 登場時に、敵リーダーに200ダメージ
  • 味方メンバーがいると、敵メンバー1体に300ダメージ

などなど。

 

自分のデッキのコンセプトを活かせるキャラの能力を選んでいくのも楽しい!

攻撃連鎖を特化させたデッキだったりとか、敵リーダーへの直接攻撃に特化したデッキだったりとか。

いろいろ面白そうなデッキが作れるのも、ファイトリーグの魅力の一つだと思います。

 

スポンサードリンク

 

ファイトリーグで序盤におすすめなメンバーは?

ファイトリーグでは5つのブランドとどこのブランドにも属さない「フリーランス」というものがキャラの1体ずつに割り振られています。

 

ブランドというのは、なんというか属性みたいなもので、それぞれ特徴があるんですよ。

ブランドには以下の5種類が存在。

  • 十八番街
  • GGG
  • アスリートクリーチャーズ
  • Justice Professionals
  • TOYS of the DEAD

 

例えば、アスリートクリーチャーズというブランドは攻撃力の高いメンバーが多いとか。

 

デッキを組む際には、まずはブランドを1つ選択します。

デッキには、その選択しかブランドのキャラと「フリーランス」のキャラしか入れることができません。

なので、ブランドの選択っていうのが非常に重要。

序盤では、最初のガチャで引いたキャラでブランドを選ぶというのがおすすめですよ。

 

ここでは、どのデッキにも組み込めるフリーランスのキャラの中で、序盤で使えるおすすめのメンバーを紹介していきます。

 

北欧森話の語り部 フュリー

前方方向に攻撃できないのがネックですが、スキルが強力。

「味方メンバーがいると、敵メンバー1体に300ダメージ」

 

ダメージ対象のメンバーはランダムですが、序盤では結構重宝します。

このキャラを登場させるだけで、敵メンバーに300ダメージというのは美味しい。

さらに攻撃の連鎖と組み合わせて、敵に追加ダメージを与えていくようにしたいですね。

 

M.C.ダブ・コング

スキルこそないものの、攻撃範囲の広さが魅力的。

5方向に攻撃できるため、さまざまなシーンで攻撃連鎖につなげられるというのが強力。

体力も高いので、次の自分のターンまで生き残ってくれる可能性も高く、攻撃の要として重宝します。

 

マスターカポエイラ ジンガ

スキルがかなり使える。

「手番が終わるまでアーツが8つになる」

 

つまり、このキャラの登場時、全方向に攻撃可能!

攻撃連鎖の起爆剤として、一気に敵キャラに大ダメージを与えることができます。

体力がそこまで高くないので、次のターンまで生き残ることはあまりありませんが、使い捨てのように使用していくことで本領を発揮するキャラ。

 

ファイトリーグで勝てないときの対戦のコツ

最後に、実際に僕がファイトリーグをプレイしてみて感じた対戦のコツを紹介していこうと思います。

「リーグで勝てない!」と感じている方は是非参考にしてみてくださいね。

 

デッキのバランスを意識しよう!

序盤のうちは、あまりキャラの攻撃範囲やスキルについてあまり知らないもの。

まずはしっかりキャラ1体1体の攻撃範囲やスキルをチェックしていくことから始めてみましょう。

 

その中から、デッキを組んでいくことになるわけですが、デッキを組む際に重要なのがバランス。

もちろん、デッキのコンセプトに特化させていくことも大切ですが、序盤のうちはキャラがあまり揃っておらず、難しいものです。

なので、デッキのバランスを意識するようにしていくことが序盤での対戦で勝つためのコツになります。

 

デッキを組む際に注意するべきポイントとしては、

  • 体力の低いキャラばかりを採用している
  • 特定の方向に攻撃できないキャラばかりがデッキに入っている

などが挙げられますね。

例えば、左後ろを攻撃できるキャラがデッキに入っていないとか、体力がみんな400未満とかですね。

 

このようにキャラの特徴が偏ってしまうと、特定のシーンで思うように行動することができません。

どんな盤面でも柔軟に戦えるようにするためにも、デッキのバランスというのは重要なのです。

 

攻撃の連鎖を意識しよう!

ファイトリーグで重要になるのが、攻撃の連鎖。

この攻撃の連鎖を上手く使用していくことが、一番のコツと言えるでしょう。

 

攻撃を連鎖させていくためにも、先述したようにデッキのバランスを意識したデッキ構築というのが重要になるわけですね。

体力の低いキャラばかりだと、次のターンまでキャラが生き残る可能性は低くなりますし、特定の方向に攻撃できないキャラばかりでも上手く連鎖を引き起こすことができませんから。

 

また、逆に相手の攻撃を連鎖させないようにしていくことも重要ですよ。

  • 相手が出してきたキャラをしっかりと倒して処理していく
  • 相手のキャラを孤立させる

といったことも意識していきましょう。

 

基本は相手のキャラをしっかりと処理していくこと。

相手のキャラが多くなれば多くなるほど、連鎖しやすくなってしまいますからね。

毎ターン相手のキャラを全滅させるように立ち回りましょう。

 

もし相手のキャラを倒しきれないと判断した場合には、相手のキャラを孤立させるようにするのも手です。

自分のキャラを壁代わりに、相手のキャラを連鎖させないように孤立させます。

こうするだけでも、相手の攻撃の連鎖を邪魔することはできますよ。

 

当ブログでは「ファイトリーグ」のおすすめデッキレシピも紹介しています。

ファイトリーグのデッキ紹介!初心者におすすめなアスクリ脳筋!

2017.06.25

ファイトリーグのデッキレシピ紹介!十八番街の防御型連鎖特化

2017.06.22

ファイトリーグデッキ紹介!無課金者必見のUSなしTOYSが強い

2017.06.28

是非始めたばかりという方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事