台風18号の新幹線と飛行機への影響は?運休や欠航を予想!

hong-kong-571490_960_720

2017年の台風18号。ニュースなどでも度々話題になっていますね。

連休を目前に、どんどんと発達していく台風18号。

旅行なんかを控えている人にとっては、台風18号によって新幹線が運休になったり飛行機が欠航になったりしないか不安なのではないでしょうか?

 

そこで、台風18号の進路や強さ、さらには交通機関への影響について紹介していこうと思います。

是非この連休でお出かけしようと考えていた方は参考にしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

 

台風18号による新幹線の運休予想!

まず新幹線の台風による運休の条件ですが、これは風の強さに大きく関係してきます。

基本的に新幹線は風速30メートルを超えると運休となります。

 

今回の台風18号の最大瞬間風速は、風速55メートル。

新幹線はほぼ運休と言っても良いでしょうね。

 

ただ日本全国のすべての新幹線が運休になるかと言わればそうではありません。

常に勢力を維持したまま、進む台風はありませんからね。

日本の場合は、沖縄や九州あたりがピークで、関西や関東に上陸するにつれ勢力は弱まっていきます。

 

台風18号がどの新幹線の運行に影響を与えるのかどうかを知るために、まずは簡単な台風18号の進路予想図を見ていきましょう。

2017年に発生した台風18号の進路予想図はこちらになります。

wp2017

出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/JTWC

 

見事と言わざるを得ないくらいに、九州、四国、そして本州がすっぽりと台風の範囲内に収まっています。

まだしばらくは台風18号は勢力を強めて日本上陸するとの予想が入っていますので、九州、四国、そして関西付近は注意が必要ですよ。

ただ台風18号が東京に差し掛かるくらいには、台風の強さはかなり弱まるのではないか?と個人的には予想しています。

 

なので、関東付近の新幹線の場合は、もしかすると運休を免れる可能性はありますね。

ただ勢力が弱まるとはいえ、現時点の台風18号の進路予想では東京に直撃。

油断していると痛い目に遭うかもしれませんので、常に警戒しておくように注意が必要ですね。

 

新幹線の運休に関する条件や払い戻しに関しては、こちらも記事も参考にしてみてください。

雪で新幹線が運休となる条件!遅延した場合、切符の払い戻しは可能?

2016.01.24

 

スポンサードリンク

 

台風18号による飛行機の欠航予想!

続いて、台風18号による飛行機の欠航についてですが、これに関しては明確な基準はありません。

  • 飛行機の種類
  • 風の強さや向き
  • 滑走路の状態

などを総合的に判断して、最終的にパイロットが運航するかどうかを決定する場合が多いんです。

なので、離陸直前に突然欠航なんていう場合もありますね。

 

ただ飛行機の運航に影響するのは、あくまでも離着陸する空港付近の天候です。

一度飛行機が飛んでしまえば、台風の直情でも何の問題もなく飛行することができるんです。

なので、離着陸する空港付近の天候の状況次第というわけですね。

 

そう考えると、九州や四国なんかは運航が難しく、欠航になる可能性は比較的高いと思われます。

福岡の博多に発着する便なんかは要注意ですね。

それに比べると、関東よりも北の空港なんかは運航する可能性は高いと思いますよ。

 

九州や四国なんかに住んでいる方は、今回の台風18号を十分に警戒してくださいね。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事