葬式の靴に金具やリボンはマナー違反?エナメル素材はOKなのかも調査

葬式靴

結婚式のように前もって準備できるような儀式とは違い、お葬式はいきなり催される儀式です。

そのため、突然参列することになってしまって慌てることが多いですよね。

 

服装やマナー、お布施については、周りの雰囲気をみたり一緒に参列する人と相談したりできますが、そんなとき気を抜きがちなのが足元のマナーです。

お葬式ではどんな靴を選ぶのが良いのでしょうか。

故人やその親族に失礼にならないように、少し調べてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

葬式の靴はとにかく地味に徹する

まず大前提として、お葬式に個性は必要ありません。

普段からオシャレやファッションが好きな方であればもしかしたら、たとえお葬式であろうとどこか自分を演出したくなってしまいがちだと思います。

しかし、お葬式は故人を偲び、喪に服す場であるということを忘れないようにしましょう。

 

詳しく言うと、ひとつには服装全体において艶や光沢のあるものは避けます。

それは靴も例外ではなく、無難な「黒い靴」がベストでしょう。

素材は布製、ポリエステル、合皮、本革のいずれかで艶のないものを選びます。

 

男女別の葬式に適した靴とは?

男性であれば、ビジネス用の黒い靴は1足くらいはお持ちかと思います。

靴のほんの一部分に小さな金具がついている程度のものであれば、現代では、お葬式に参列するのにそこまで厳しく言われることはなさそうです。

マッド(艶のないもの)であればなお良いのですが、あまりに手入れのなっていない汚れた靴も失礼です。サッと磨いていくくらいはしておきましょう。

細いストラップ(リボン)などがついているものについては、黒ければ大丈夫です。

 

避けなければいけないのは、

  • ぴかぴかのエナメル素材
  • アニマル素材(たとえ黒くてもアニマル皮や柄は、殺生を連想させるためNG)
  • ショートブーツ
  • ハイカットの靴
  • ラメやパールの入ったもの
  • 大ぶりな金属のついた靴

などです。

 

男性ならこういった靴が葬式にはおすすめです。

 

女性の場合だとよくやりがちなのが、黒ければ何でもいいだろうと、ストラップ付きのものや、ウェッジソール、ピンヒールなどのオシャレ靴を選んでしまうことですが、これらはお葬式ではマナー違反とされています。

ぺたんこ靴よりは、ややヒールのあるものがベターです。

ヒールが太く、艶やストラップのないシンプルなパンプスを選びましょう。

 

女性ならこういった靴が葬式にはおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

葬式の服装=故人への礼儀だと意識しましょう

お通夜であれ告別式であれ、お葬式と同じようにブラックフォーマルを求められるものです。

なので自然と喪服に似合う靴を選ぶことになりますよね。

たとえ、「少しだけ顔を出して帰ってくるつもり」であっても、厳粛な場では意外と身だしなみや服装を見られているものです。

さすがに、スニーカーやサンダルで行く人はいないと思いますが、急に不幸があると慌ててしまって靴にまで意識がいかない、ということもないとは言い切れません。

いざというときに慌てないためにも、たとえばブラックフォーマルのスーツを調達するのと同じタイミングで、靴も1足用意しておくと安心ですね。

 

故人と喪家への礼儀として、また、いただいたご縁に対する誠意の表明としての意味でも、上から下までマナーに沿った服装で参列できるよう心掛けましょう。

 

スポンサーリンク


人気おすすめ記事