平尾誠二の男前な性格を娘が語る!経歴や若い頃のラグビー成績も紹介

rugby-673453_960_720

2016年10月20日。元日本代表監督の平尾誠二さんが亡くなった。死因はがん。

「ミスターラグビー」と称えられ、日本のラグビー業界を引っ張る大スターだった。

53歳というあまりにも早すぎる平尾誠二さんの死に、多くのファンは涙したことだろう。

2019年ラグビーワールドカップは、日本初開催ということもあり、平尾誠二さん自身もきっと楽しみにしていたはずだ。

 

そこで、平尾誠二さんが亡くなって1年が経った今、生前の彼の勇姿を記していきたい。

平尾誠二さんの実の娘であり長女である大塚早紀さんが語る、父親・平尾誠二さんの性格について調べてみた。

また、平尾誠二さんの経歴や若い頃のラグビー成績についても詳しく紹介していくこととする。

 

スポンサードリンク

 

平尾誠二の経歴と若い頃のラグビー成績

  • 同志社大では全国大学選手権3連覇
  • 神戸製鋼では日本選手権7連覇

現役選手時代に輝かしい成績を重ねてきた平尾誠二さん。

 

では、若い頃の平尾誠二さんのラグビー成績はどうだったのか。

これまでの平尾誠二さんの経歴を交えながら紹介していく。

 

中学校入学と同時にラグビーを始める

平尾誠二さんのラグビー人生の始まりは中学生のとき。

初めは野球部入部を考えていたらしいが、部員が多く下級生は下積みばかりだったという。

一方でラグビー部に目を向けると、部員の数は12~13人程度。顧問の先生も良い人で、みんなが楽しそうに練習していたことに魅力を感じ、ラグビー部に入部を決意する。

父親にラグビースパイクが欲しいと伝えたときも、絶対にダメと言われると思っていたが買ってくれたことが人生で一番嬉しかったと話していた。

この中学生でのラグビーとの出会いが、彼の人生を目まぐるしく変えていくこととなるのだ。

 

進学先の高校で両親と衝突

中学時代、徐々にラグビーを実力を伸ばし、周囲からも一目を置かれる選手にまで成長した平尾誠二さん。

その活躍もあってかラグビーの名門である花園高校へ特待生としての入学も決まりかけていた。

しかし、平尾誠二さんはのちに伏見高校へ入学する。

 

そのきっかけとなったのが、当時伏見高校のラグビー部総監督を務めていた山口良治さんだ。

大人気青春スポ根ドラマ「スクールウォーズ」の主人公・滝沢賢治のモデルとなった人物と言えばイメージしやすいだろう。

 

平尾誠二さんとの出会いは、中学3年生のときに出場した京都府秋季大会決勝戦。

平尾誠二さんのラグビープレーに惚れ込み、彼の自宅まで訪ねたという。

しかし、当時の伏見高校は不良の集まりで有名だった高校。

平尾誠二さんの両親は猛反対したが、平尾誠二さん自身は彼の熱い想いに強く打たれ両親の反対を押し切って、伏見高校へ進学する。

 

伏見高校入学で才能が開花

当時の伏見高校のラグビー部は、公立高校で全くの無名。

決して選手としては恵まれた環境ではなかった。

 

しかし、山口良治さんの部員への体当たりな熱血指導でメキメキと実力を付けていく。

彼のラガーマン精神は伏見高校で培われていったのだろう。

 

高校1年のときには京都府大会決勝で花園高校に敗れたときには、準優勝トロフィーを投げ捨てて帰り、悔しさを爆発させていた。

この頃から平尾誠二さんのストイックな性格が感じられる。

しかし、その悔しさをバネに、翌年には全国大会初出場・初優勝を果たした。

 

その後は同志社大、神戸製鋼とラグビー人生を歩んでいき、多くの人の記憶に残る功績をおさめていったというわけだ。

平尾誠二さんの華麗なステップや大迫力のトライをもう一度見たいという方には、こちらがおすすめ。

約20年前の映像で、神戸製鋼のラグビー7連覇の軌跡と彼の最高のプレイがもう一度見られる至極の1枚。

幻の貴重な映像をその目に是非焼き付けてほしい。

 

スポンサードリンク

 

平尾誠二の性格はまさに理想の父親像だった

平尾誠二さんと言えば、ラグビー日本代表として大活躍し、その後ラグビー日本代表監督に就任。

まさに「ミスターラグビー」という名に相応しい人物である。

 

そんな平尾誠二さんの自宅での父親としての性格はどうだったのか、娘である大塚早紀さんは普段の平尾誠二さんについてこう語っている。

本当に優しく、明るい。最後までいつも通りの父だった。

出典元:https://www.kobe-np.co.jp/

 

この大塚早紀さんの言葉が、父親・平尾誠二さんの性格の全てを語ってくれている。

 

ラグビーで輝かしい実績を積み上げてきた大スターも、自宅ではお笑い番組を見て笑っていたという。

ラグビー選手と聞くと、なんとなく厳格な人というイメージがあるが、平尾誠二さんに至ってはそうではない。

 

とにかく「人に優しく、自分に厳しい」人だった。

娘の大塚早紀さんが仕事で失敗してしまったときには、「終わったことは仕方ない。その後どうするかが大事だ」という言葉をかけてくれたという。

厳しい闘病生活を送っていたときにも、ネガティブな言葉は一切口にせず、むしろ周りに気を遣い気丈に振る舞っていたとか。

個人的にすごく印象的だったのが、彼の体調を不安視されていた頃のこと。

激痩せした彼の身体を心配する声が挙がっていたが、平尾誠二さんは「手術後に体質改善のために食事制限をしたら痩せすぎちゃって。みんな病気だなんて大騒ぎするんだからひどいよな」と笑ってコメントしていた。

本当はかなり辛い状況だっただろう。気丈に振る舞う余裕すらなかっただろう。

それでも、彼は周りを気遣っていた。

 

そんな平尾誠二さんの他人を思いやる優しい一面の一方で、自分にはとにかく厳しくストイックにラグビーに打ち込んでいた。

現役選手時代には、雨の日に夜遅くまで自宅近くの公園でキックの練習をひたすらに繰り返していた。

平尾誠二さんは生前「負けた試合よりも、自分の心に負けて思うようなプレイが出来なかったときの方が悔しい」とも語っている。

 

ラグビーにそこまで打ち込んでいた平尾誠二さんだが、自宅ではその面影は一切ない。

家族とプライベートで過ごすときには、一切ラグビーの話はしなかったという平尾誠二さん。

ラグビー選手・監督としての自分と、一家の父親とをしっかりと線引きしていたのだろう。

 

ラグビーに人生を捧げ、家族旅行もできなかった現役時代。

1年中試合と遠征の繰り返しで多忙だった。

きっと自宅にいるときくらいはラグビーの話はしないという彼なりのルールだったのかもしれない。

 

平尾誠二という男は、ラグビー選手としてはもちろん、父親としてもラガーマンの精神を貫いていたと言えるのではないだろうか。

 

平尾誠二さんの親友である山中伸弥さんとの男同士の友情を綴った本「友情」。

シンプルなタイトルだが、まさにこのタイトル以外は考えられない感動手記となっている。

平尾誠二さんが亡くなる前の最後の1年を記録した書籍で、読めば自然と涙がこぼれる感動作だ。

平尾誠二さんの誠意と覚悟と潔さ。この本にはそんな彼の性格が垣間見える。

興味のある人は是非一度手にとって読んでみてほしい。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事