DOS(ドス)のルールや遊び方を動画で詳しく解説するぞ!

dos

修学旅行やお泊り会の定番カードゲームの「UNO」。

誰もが遊んだことがある大人気カードゲームですね。

僕もよく「はい、ウノって言ってなーい!」とか言ってました。

 

そんな「UNO」の新作となるカードゲームが発売されるらしいです。その名も「DOS(ドス)」。

一体どんなカードゲームなのか気になる人も多いのではないでしょうか?

今回はそんなUNOの新作カードゲーム「DOS」のルールや遊び方を動画で詳しく解説していこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

DOSのルールや遊び方を徹底解説していく

「DOS」というのはスペイン語で「2」を意味する単語。

そのカードゲーム名の通り、UNOの2枚版みたいな感じと思ってもらっていいでしょう。

 

まず最初にすべてのプレイヤーに手札を7枚配ります。

そして、残ったカードを山札として、一番上のカード2枚を表にして場に出します。

これまでのUNOの場合は、表にして場に出すカードが1枚だったのに対して、「DOS」は最初に場に出すのが2枚。

ここが「UNO」と「DOS」の違いですね。

 

そして、プレイヤーは順番に手札からカードを出していきます。

場に出せるカードは場に出ているカードと同じ数字のカードか、もしくは手札2枚の合計が場のカードと同じになるカードのみ。

例えば、場に「4」と「10」が出ている場合は、「4」か「10」。もしくは、手札2枚の合計が同じになるカードのみ。

「1」と「3」とか、「2」と「8」みたいな感じですね。

 

そして、手札からカードを場に出したら、場のカードと先ほど出したカードは端に寄せておき、山札から別のカードを表にして場に出す。

この繰り返しで、先に手札からカードをなくした人の勝ちです。

 

ちなみに、手札が残り2枚になったら「ドス!」と高らかに宣言しないといけないらしい。

ここらへんは「UNO」のルールと同じですね。

 

まだ詳しい「DOS」の遊び方やルールは公開されていませんが、出したカードが同じ色の場合はボーナスがもらえるみたいな新ルールもあるようです。

今後みんなでワイワイ遊べるパーティーゲームに、この「DOS」が加わる日も近いかもしれませんね!

 

▼「DOS」の遊び方やルールを動画で学ぼう!

 

スポンサードリンク

 

DOSのルールと遊び方まとめ

最後に「DOS」のルールと遊び方をまとめてみました。

  • 手札は7枚からスタート
  • 残りを山札にして、一番上の2枚を表にして場に出す
  • (1)場のカードと同じ数字、もしくは2枚の合計が場のカードと同じ数字のカードのみ手札から出せる
  • (2)手札からカードを場に出したら、それらのカードは端に寄せ、山札から新しいカードを表にして場に出す
  • (1)と(2)を各プレイヤーが順番に行う
  • 残りの手札が2枚になったら「ドス」と宣言しないといけない
  • 早く手札のカードをなくした人の勝ち

 

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事