川﨑菜々紗の両親や筋肉画像は?大会成績や記録も調べてみた

スポンサーリンク

ウエイトリフティングの全国大会に出場する川﨑菜々紗さん。

驚くべきことに、わずか12歳の小学生なんですよ。

小学生でのウエイトリフティング全国大会への出場は男女含めて史上初ということで、今後の活躍を期待される天才少女ですね。

実は川﨑菜々紗さんの両親も元ウエイトリフティングの選手だったみたいです。

 

今回はそんな川﨑菜々紗さんの両親や筋肉画像について書いていこうと思います。

また、気になる大会成績や記録についても記述していますので、ぜひこちらもあわせてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

川﨑菜々紗のプロフィール

  • 名前:川﨑菜々紗
  • 出身:京都府
  • 小学校:京都府宮津市立栗田小学校
  • 体重:44キロ(2018年3月現在)

 

小学校は京都府にある宮津市立栗田小学校。

周囲は田んぼに囲まれ、すぐ近くには海も広がっているという自然豊かな場所に栗田小学校はあります。

小中一貫教育を推進している学校なので、卒業後はお隣の栗田中学校に入学するんですかね?

 

川﨑菜々紗の両親は誰?

川﨑菜々紗さんのご両親も元ウエイトリフティングの選手。

一体誰なんだろう?と気になる方も多いでしょう。

 

実は母親がウエイトリフティングの世界選手権で銀メダルを獲得した斎藤さと美さんなんです。

斎藤さと美さんはウエイトリフティングの業界ではかなり有名な選手で、

  • 1990年世界選手権44kg級:4位
  • 1990年世界選手権44kg級:2位
  • 1990年アジア大会44kg級:銀メダル
  • 1991年世界選手権44kg級:4位
  • 1992年世界選手権48kg級:6位
  • 1993年世界選手権46kg級:3位

と、これまでの素晴らしい大会成績を残しています。

 

こんなにすごい選手がお母さんだなんて、まさに川﨑菜々紗さんはサラブレッドといった感じでしょう。

 

スポンサードリンク

 

川﨑菜々紗の筋肉画像をまとめた

小学生にしてウエイトリフティングの全国大会に出場する川﨑菜々紗さん。

気になるのは、やはりその筋肉ですよね。

小学生で思いバーベルを上げるのをなかなか想像できませんが、一体どれほどの筋力なのでしょうか?

 

いろいろ調べてみると、川﨑菜々紗さんの筋肉がよく分かる画像を発見しました。

体格はやはりガッチリしていて、二の腕の筋肉とかすごいですよね!

筋肉のすじまではっきりと目で確認できます。さすがウエイトリフティングの天才少女です。

 

一体どんな筋力トレーニングをすれば、こんな見事な筋肉ができるのか。

実は川﨑菜々紗さんのトレーニングはとても過酷で、実は海洋高校のウエイトリフティング部の練習に参加しているんです。

栗田小学校から道路を挟んだ向かいにある高校なので、練習に行くのはすごく楽で良いですね。

体幹トレーニングや筋トレなど、高校生と全く同じトレーニングメニューをこなしているんです。

小学生にして高校生と同じ練習メニューをこなすなんてめちゃくちゃ大変でしょうが、これが今の川﨑菜々紗さんの身体を作り上げたとなると納得ですね。

 

川﨑菜々紗の大会成績や記録は?

最後に川﨑菜々紗さんの大会成績や記録について書いていきます。

ウエイトリフティングの大会でどれだけの大会成績を収めているのか、どれくらいの重さのバーベルを持ち上げているのか。

そこらへんを詳しく紹介していきます。

 

まずは川﨑菜々紗さんの大会成績から見ていきましょう。

  • JOCジュニアオリンピックカップ第38回全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会:7位
  • 第5回全国招待小中学生ユースウエイトリフティング競技大会(ユース女子Y-13):優勝

 

今注目の選手とはいっても、まだテレビやニュースへの露出が少ないのでそこまで多くの情報は得られませんでした。

ですが、小学生にしてこれだけの大会受賞記録は、本当にすばらしいことですよね。

 

川﨑菜々紗さんの自己ベスト記録は67kg。

自分の体重以上のバーベルを持ち上げるってすごすぎです。

練習では軽々と60キロ以上のバーベルを何度も頭上に持ち上げるという川﨑菜々紗さん。

目標はオリンピック出場とのことなので、今後も川﨑菜々紗さんの活躍に期待していきたいですね!

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事