ドラクエライバルズで勝てない?初心者向けにコツをランカーが伝授する

スポンサーリンク

ドラクエライバルズのランクマッチで全然勝てないと嘆いている声が多数挙がっています。

「今月こそは上位のランクに行ってやる!」と頑張るものの、結局勝てない…。

そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

なかなか勝てないとゲーム自体をつまらないと感じてしまいますよね?

そこで、今回は初心者の方でも勝てるようになるデッキ構築のコツや戦略を紹介していこうと思います。

 

僕はドラクエライバルズを無課金でプレイしていますが、それでもレジェンドランクに行くことができました。

そんな僕が意識しながらプレイしているコツなんかをすべて紹介していきますよ。

初心者の方には結構濃い記事になっているんじゃないかと思います。

 

かなり長いですが、初心者がランクマッチで勝つためのコツをすべて詰め込みました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、まいります!

 

スポンサードリンク

 

ドラクエライバルズで勝てない原因3つ

まず、ドラクエライバルズで勝てない人に共通する理由を紹介していきます。

 

「そんなの良いから、さっさと最強のデッキ教えろよ」って人も多いと思いますが、これが結構重要なポイント。

ここを理解していないと、ランクマッチで勝つことは難しいです。

なので、焦らずじっくり勉強していきましょう。

 

主に共通して言えるのは、以下の3つです。

  • 主要なカードを把握できていない
  • 持っているカードの種類が少ない
  • デッキ構築のバランスが悪い
これらの原因について詳しくお話していきますね。

 

主要なカードの内容を把握できていない

僕はたまにドラクエライバルズの観戦機能を使って、初心者さんのバトルを視聴しています。

そして思うのが、初心者の方の多くが主要カードの内容を把握できていないということ。

 

もしかすると、カードの内容は把握しているのかもしれませんが、それを対策するプレイングができていないのです。

 

例えば、

  • こちらが小型ユニットを場に全力展開→「シドー」で全滅
  • アリーナ相手にユニットを前列配置→「回し蹴り」や「闘魂撃ち」でユニット除去
なんていうのが典型的な例ですね。

 

持っているカードの種類が少ない

最近ドラクエライバルズを始めた初心者さんに共通していえるのが、持っているカードの種類が少ないこと。

そのため、組みたいデッキを構築できないというのがあります。

 

こればかりはカードパックを購入していくしかありません。

闘技場を上手く利用することによって、お得にカードパックを購入できますので、無課金者は積極的に活用していくようにしましょう。

 

デッキ構築のバランスが悪い

観戦モードで初心者のバトルを見ていると、ものすごくデッキバランスが悪い場合があります。

強いからという理由で、高コストカードを大量に入れてしまっていたりコスパの悪いカードを入れていたりとかですね。

自分なりにコンボを考えてのデッキ構築なのでしょうが、初心者のうちからコンボデッキを組むのはおすすめできません。

 

というのも、コンボデッキというのは必要なカードを手札に揃える必要がありますよね。

キーとなるカードが引けないと勝率は低くなりますし、想定していた試合展開になることは滅多にありません。

自分のやりたかったコンボが決まる前に、負けてしまうということが多いのではないでしょうか?

 

ロセッティ
ランクマッチで勝てない原因を一つずつ潰していくことで勝率は上がっていくんだ

 

スポンサードリンク

 

ドラクエライバルズで勝てない原因の対策方法を考える

  • 主要なカードを把握できていない
  • 持っているカードの種類が少ない
  • デッキ構築のバランスが悪い
これらがドラクエライバルズで勝てない初心者の方に共通する原因です。

では、具体的にどのようにすれば、これらの問題が解決するのでしょうか?

 

具体的に説明していきましょう。

 

相手のデッキに入っていそうなカードを対策したプレイング

主要カードの内容が把握できていないと、次のターンに相手がどんなカードを使ってくるのか分かりませんよね?

そのため、ユニットを大量展開したあとに、全体除去カードを使われてしまったりするわけです。

 

なので、次の相手のターンに使われると戦況がひっくり返るようなカードは対策・ケアしていくことが重要ですよ。

とは言っても、すべてのカードを毎回ケアしていくのは難しい。というか不可能に近いです。

 

じゃあ、どうするかっていうと、相手のデッキに入っていそうなカードを中心にケアをしていくんです。

「相手のデッキに入ってるカードなんて分かるかよ」って思われるかもしれませんが、そうでもありません。

 

今のドラクエライバルズで流行っているデッキなんて数種類程度。

実際に「ドラクエライバルズ デッキ」と検索してみると、現在流行っているデッキが分かります。

それらのデッキの内容を把握していれば、そこまで難しくはないのです。

 

例えば、最近であれば「氷塊ゼシカ」とか流行ってますよね。

ランクマッチをやっていて、使っている人を見たことがある人も多いと思います。

有名なドラクエライバルズプレイヤーのあーあいさんがデッキレシピを公開したことで、このデッキを使っているプレイヤーが一気に増えました。

 

このデッキの中で特に注意しておきたいのは、「吹雪の魔女」とかですね。

「氷塊が相手の場にあるときに、ユニット1体に4ダメージを与える」という強力なカードです。

これ1枚で戦況がひっくり返ってしまうほどのパワーを持っています。

 

そのため、5ターン目以降になると体力5以上のユニットを出すなどのプレイングを意識していく必要がありますね。

 

このように、デッキごとに使われるカードというのは、ほぼほぼ決まってきます。

なので、それらを対策したプレイングというのは、そこまで難しくありません。

 

全く意識せずに対戦するのと、意識して対戦するのとでは勝率に天地ほどの差がでます。

ぜひ意識できていなかった人は、意識してプレイしてみてください。

 

持っているカードで組めるデッキを考える

持っているカードの種類が少ないから勝てないという人もいることでしょう。

もちろん、カードの種類が多いに越したことはありません。

ですが、入手しやすいノーマルカードでも優秀なカードは多数存在します。

 

今回はそんなレア度がノーマルの共通カードの中から、優秀なカードたちを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

サイレス

使い勝手の良い汎用性の高いカード。

ユニット1体を封印させることで、相手ユニットにかかっているバフや効果を無力化できます。

 

相手ユニットの「におうだち」や「りゅうおう」などの強力な効果持ちカードを無力化できるのが強い。

いろんな場面で活躍できるのが、サイレスの魅力です。

 

体力が3なので、「ゼシカ」や「テリー」のテンションスキルで倒されてしまうのは、残念なところ。

ですが、それを差し引いてもデッキに組み込む価値のあるカードですね。

 

りゅうき兵

4コストで4/5という高いスタッツが魅力。

何が強いって体力5が頼もしいんですよ。

 

4コストのユニットの多くは、攻撃力4のユニットがほとんど。

つまり、相手は「りゅうき兵」1枚に対して、2枚のカードを使って倒さなければなりません。

 

とりあえず4ターン目に「りゅうき兵」を場に出しておくだけでも、相手にプレッシャーを与えることが可能です。

 

亡者のひとだま

4コストで4/4というスタッツに加え、効果がかなり強力。

効果の対象にならないので、相手は処理に困ります。

 

戦闘で倒すか全体除去特技を使うしかないというのが強み。

一度ナーフによって弱体化しましたが、それでも今なお猛威をふるっている強力なカードです。

 

味方ユニットでブロックしてあげれば戦闘からも守れるので、生存率は一気に高くなります。

その場合は貫通効果に弱いので、テリーには気を付けたいところ。

 

かげのきし

5コストで5/5というスタッツに加え、「ステルス」持ちの強力なカード。

こちらが行動するまで潜伏できるので、確実に次のターンまで生き残ってくれます。

 

「たけやり兵」や「キラースコップ」で攻撃力を高めれば、一気に大ダメージを与えることも可能です。

高スタッツなカードなので、こいつで中盤の盤面を支配できれば一気に勝負を決めることができますよ。

 

初心者は単体で活躍するカードを多めにデッキに入れよう

先述したように、初心者の方がコンボデッキを使うのはおすすめできません。

キーカードを引けなければ勝率は下がりますし、想定していた試合展開になることがあまりありませんからね。

 

なので、初心者の方はできるだけ引いたカードで戦える、スタンダードなデッキ使用をおすすめします。

個人的には先ほど紹介した「りゅうき兵」や「かげのきし」などがおすすめです。

 

ポンと場に出すだけで、相手にプレッシャーを与えられるカードというのは初心者にも使いやすいですからね。

 

僕がざっと考えたデッキ構築はこんな感じ。

今回はリーダーを「テリー」にしてみました。

 

高スタッツなカードを多めに採用しているのが特徴です。

そのため、その都度引いたカードで戦えるというのが強みですね。

 

序盤はテンションスキルや武器で相手のユニットを除去しつつ、テリーの体力を15以下に調整。

中盤は「たてまじん」や「アイアンクック」で体力を守りつつ、「りゅうき兵」や「マミー」などで盤面をとっていきます。

終盤は「しにがみきぞく」の速攻ダメージや「シールドオーガ」で押しきり、「雷鳴の剣」でトドメって感じです。

 

使用しているレジェンドカードは「デュラン」のみ。

ですが、別に持っていなくても十分に戦えるデッキ構築になっていると思います。

 

実際に僕が使用してみた戦績は、10戦7勝といった感じでした。

ぜひ興味のある方は参考にしてみてください。

 

ロセッティ
初心者はコンボデッキより、高スタッツカードで押しつぶすようなデッキがおすすめだぞ!

 

初心者は流行りデッキのメタカードを入れるのもアリ

初心者の人は流行りデッキのメタ(対策)カードをデッキに組み込むというのも有効です。

 

カードゲームにおいて最強のデッキというのは、どんなデッキ相手でもギリギリで勝てるというもの。

これが僕の考える最強のデッキです。

ただ、これには条件があって、プレイングスキルが同程度の相手の場合に限るんですよね。

 

逆をいえば、プレイングスキルのない人が使えば、どんなデッキ相手でもギリギリ負けるデッキになってしまうということ。

そっくりそのままデッキレシピを真似しても勝てない理由がこれです。

 

では、プレイングスキルのない初心者が勝つためにはどうすれば良いのか。

それが、流行りのデッキに対抗するデッキを使用することです。

 

過去には、アグロゼシカ全盛期の時代もありました。

ランクマッチに潜れば、2回に1回は対戦相手がアグロゼシカなんてこともありましたね。

 

こういう場合は、徹底してアグロゼシカを対策したデッキを使うことで、初心者でも勝率を高めることが可能になります。

特定の流行りのデッキを対策したデッキを使用すれば、プレイングスキルに多少の差があっても有利にゲームを進められますからね。

 

ドラクエライバルズはメタがまわるのが非常に早い。

なので、常にどんなデッキが流行っているのかの情報収集は必須です。

 

そして、流行っているデッキは徹底的に研究する。

どんなカードを入れれば、対策できるのかを考えて日々デッキを構築していきましょう。

 

そうすることでデッキ構築能力も磨かれますし、徐々にプレイングスキルも高まっていきますよ。

 

あ、新しくデッキを組んだら一度フリーマッチなんかで微調整することを忘れずに。

何度も対戦して、完成度の高いデッキを目指してみてください。

  1. 流行りのデッキを研究する
  2. 対策カードをデッキに組み込む
  3. フリーマッチでデッキを微調整
  4. ランクマッチに挑戦

これを繰り返すことで、確実にランクマッチの勝率はアップしますよ。

 

先ほど紹介した初心者向けのデッキに、メタカードを加えてみるのも良いですね。

 

ぜひドラクエライバルズ初心者の方は、今回紹介したコツを参考にして対戦してみてください。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事