コンフィデンスマンJPオープニングの最初のセリフまとめ!

スポンサーリンク

現在放送中の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。

個人的には今期のドラマの中で一番面白いのではないかと思っています。

 

そんなコンフィデンスマンJPですが、毎回オープニングで早口で喋る最初のセリフがかっこいいと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

正直最初のセリフを聞きたいがためにドラマを見ていると言っても過言ではないかもしれません。

 

そう思っているのはきっと僕だけではないはず!

そこで、コンフィデンスマンJPで毎回オープニングで喋る最初のセリフを一挙にまとめてみました。

 

一体何て言ったの?って気になった方は、ぜひ当記事で確認してみてください。

それでは、まいります!

 

スポンサードリンク

 

コンフィデンスマンJPオープニングの最初のセリフまとめ

では、さっそくコンフィデンスマンJPの1話から最新話までのオープニングの最初のセリフをまとめていきます。

ぜひコンフィデンスマンJPの最初のセリフを聞き逃してしまったという方は確認してみてください。

 

1話「ゴッドファーザー編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

ベートーベンは本当に耳が聞こえなかったのか。

オズワルドはケネディを殺したのか。

アポロは月へ行ったのか。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

2話「リゾート王編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

グルメサイトの星の数は信用できるのか。

温泉の効能は根拠があるのか。

ゲレンデで出会った彼女と、目の前にいる彼女は本当に同一人物なのか。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

3話「美術商編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

モナリザは本当に微笑んでいるのか。

写楽は日本人だったのか。

ナスカの地上絵は本当に人間が描いたのか。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

4話「映画マニア編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

マリリン・モンローは本当に自殺だったのか。

UFO映像はフィクションなのか。

ハリウッド映画は人類を洗脳したのか。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

5話「スーパードクター編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

医学は本当に進歩しているのか。

長生きすることは本当に幸せなのか。

医療物やると本当に視聴率は上がるのか。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

6話「古代遺跡編」の最初のセリフ

目に見えるものが真実とは限らない。

何が本当で、何が嘘か。

 

卑弥呼は本当に存在したのか。

ピラミッドは人間が作ったのか。

ムー大陸はあなたの立っているその場所かもしれない。

真実は地面の下に。

 

コンフィデンスマンの世界へようこそ。

 

スポンサードリンク

 

コンフィデンスマンJPの最初のセリフはやっぱカッコイイ!

こうして見返してみると、やっぱコンフィデンスマンJPオープニングの最初のセリフってカッコイイですよね!

 

しかも、毎回その日の話に合わせたセリフに変わっているあたり、面白いんですよ。

例えば、

「美術商編」なら

  • モナリザ
  • 写楽
  • ナスカの地上絵

 

「映画マニア編」なら

  • マリリン・モンロー
  • UFO映像
  • ハリウッド映画
みたいな感じで、その話に合ったキーワードを盛り込んだセリフになっています。

 

コンフィデンスマンJPのドラマ内容はもちろん面白い。

ですが、今回の最初のセリフはどんなこと言うんだろう?って考えながら、ドラマを視聴し始めるのも面白いですよね。

こういうドラマの楽しみ方もアリだと思います。

 

コンフィデンスマンJP最終回までまだ放送がありますので、今後もオープニングでどんなセリフが飛び出すのか楽しみですね!

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事