トーキョーエイリアンブラザーズ最終回ネタバレ!ラスト結末は?

スポンサーリンク

2018年7月から放送開始となるドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」。

原作が漫画ということで、さっそく全巻読んでみました。

 

今回はドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」最終回のネタバレについて書いていこうと思います。

果たして結末ラストは一体どんな展開を迎えるのか、気になっているという方はぜひご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

トーキョーエイリアンブラザーズのストーリー・あらすじ

まず初めに「トーキョーエイリアンブラザーズ」とは一体どんなストーリーなのか。

そのあらすじを簡単に説明していきます。

 

「トーキョーエイリアンブラザーズ」は、2人の宇宙人の兄弟が「地球移住計画」のために現地調査を行うというストーリーになっています。

 

その2人の兄弟というのが、弟「冬ノ介」と兄「夏太郎」です。

  • 冬ノ介:見た目はイケメンの大学生だが、性格は天然。人間の生活にも適応できている。
  • 夏太郎:不器用で、人間の生活になかなか適応できない。

この2人の宇宙人兄弟が織り成す人間交流紀が「トーキョーエイリアンブラザーズ」。

 

そして、本部より現地調査2人に課せられた使命というのが、

兄「夏太郎」が地球の仕事で一人前になること。そして、人間の彼女を作ること。

 

これは兄「夏太郎」には知らされておらず。弟の「冬ノ介」にしか伝えられていない極秘ミッションです。

本部としては、不器用な夏太郎が地球に順応できれば、他の宇宙人でも順応できるだろうと考えているわけ。

 

「トーキョーエイリアンブラザーズ」は、そんな性格が全く異なる2人の宇宙人兄弟が「地球移住計画」のために、多くの人間たちと交流していく愉快でポップなストーリーとなっています。

 

スポンサードリンク

 

トーキョーエイリアンブラザーズの最終回ネタバレ

ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」の最終回は一体どんな結末を迎えるのか。

最終回ラストの展開についてネタバレをしていきます。

※ここから先は大いにネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

これまで極秘で進められてきたミッションですが、ある日本部から連絡が入ります。

 

なんと地球以外に住める星が見つかり、「地球移住計画」は中止だと告げられるのです。

もう用無しとなった地球の人間を絶滅させようと考える弟の冬ノ介。

それを止めようとする兄の夏太郎。

 

そんな2人の押し問答の最中に、冬ノ介は海に転落してしまいます。

宇宙人にとって海水は毒。

冬ノ介は海水によって身体の大半が溶けてしまったものの一命をとりとめ、猫として生活することを決意します。

 

そして、冬ノ介は新たな星へ、夏太郎は地球へ残り、2人は別々の生活を歩み始めるのです。

 

別々の生活を歩み始めた2人ですが、その1か月後。

夏太郎は人間の姿をした冬ノ介を地球で見かけます。

 

なんと母星の科学力で自身の体を復元することに成功していたのです。

冬ノ介は、新しい星での生活が退屈なものだと話し、また兄弟2人で地球での生活を始めるのでした。

 

これが「トーキョーエイリアンブラザーズ」の最終回。

結末ラストのストーリーとなっています。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事