小室みつ子の年収はいくら?印税収入を計算してみた

スポンサーリンク

TM NETWORKの名曲「Get Wild」の作詞を手掛けたことで知られる作詞家・小室みつ子さん。

アニメ「シティーハンター」のエンディング曲としても使われ、爆発的にヒットした名曲ですね。

未だに「Get Wild」を聞くと、シティーハンターの名場面が目に浮かぶんですよ。

 

そんな名曲を作詞した小室みつ子さんですが、これだけの爆発的ヒット。

一体いくら稼いでいるのか気になるますよね。

 

そこで、今回は小室みつ子さんの年収を勝手に計算してみました。

気になる印税収入額はいくらになるのでしょうか?

 

それでは、見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

小室みつ子の年収額は数千万円以上は確実!

ざっくりではありますが、小室みつ子さんの印税収入額を計算してみました。

 

主に作詞家に入ってくる印税は

  • CD売り上げの印税
  • パチンコ・スロット台の印税
  • カラオケの印税

の3つが挙げられます。

 

これらの印税をざっくりと計算してみると、年収数千万円はまず間違いなくいくのでは?と思います。

それぞれの印税額を詳しく紹介していきますね。

 

小室みつ子のCD売り上げ印税は約3500万円以上

それでは、まずはシングルCDの売り上げから見ていきましょう。

TM NETWORKの多くの曲で作詞を手掛けている小室みつ子さん。

小室みつ子さんが作詞したシングルCDだけで、約250万枚ほどの売り上げがあります。

 

作詞家の印税は約1.5%が平均的な数値なので、CD1枚1000円としても約3500万円の収入。

シングルCDだけで3500万円の印税ですからね。かなり大きな収入ですよ。

 

小室みつ子のパチンコ台の印税は約3000万円以上

意外と知られていないのが、パチンコやスロットといった遊技台での印税です。

これが作詞家にとっては意外と美味しい印税源となっているんです。

 

というのも、主題歌となったアニメやドラマがパチンコ台になれば、もちろん曲の使用料として作詞家にも印税が入ります。

遊技台1台当たり約60円くらいが平均のようですね。

 

もちろん、アニメ「シティーハンター」もパチンコ台として販売されていますから、小室みつ子さんはこの印税も入ってくるわけですね。

1機種のパチンコ台だけでおおむね全国で数十万台ほど導入されます。

さらに、「シティーハンター」のパチンコ台は数種類にも及び販売されているので、かなり高額な印税収入になりそうですよ。

 

おそらくパチンコ印税だけでも約3000万円くらいは稼いでいるのではないかと思います。

 

小室みつ子のカラオケ印税は計り知れない

カラオケで作詞した曲が1曲歌われるごとに支払われる印税。

作詞家の場合は、1曲歌われると2円~3円ほどが印税として支払われます。

 

シティーハンター世代のお父さんだけではなく、最近のシティーハンターを知らない若い世代でもよく歌われる「Get Wild」。

もはやどれくらいの収入があるのか予想すらできませんね。

 

ちなみに、「ゴールデンボンバー」で自ら作詞作曲を手掛けているボーカルの鬼龍院翔さんは、カラオケ印税だけで1億円を超えてしまったようです。

さらに、アニメ「エヴァンゲリオン」の主題歌を手掛けた作詞家・及川眠子さんは印税だけで年収3000万円以上を常にキープしているとのこと。

 

爆発的にヒットした曲を1つ作れば、それが資産になり、半永久的に印税を生み出してくれるわけですね。

そう考えると、小室みつ子さんもおそらく同じくらいの印税収入を得ていてもおかしくないのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事