成人式は18歳からになるのか?メリットとデメリットを書いてく

スポンサーリンク

成人年齢が18歳に引き下げされることが決定しましたね。

2022年4月から開始ということで、これに伴うさまざまなメリットやデメリットが挙げられています。

 

成人年齢が18歳に引き下げられたことで、成人式の出席も18歳からになるのでしょうか?

今回はそんな成人式の出席年齢が18歳からになるのかについて記述していきます。

 

また、成人式が18歳に引き下げられたときのメリットとデメリットについても書いていきますね。

 

スポンサードリンク

 

成人式は18歳からになるのかどうか?

飲酒や喫煙は今まで通り、20歳のまま。

一方で親の同意なくローンが組めるという変更がなされます。

 

しかし、未だにどうなるのかはっきり決まっていないのが「成人式」ですね。

果たして成人式の出席年齢も18歳に引き下げられるのでしょうか?

 

成人式は18歳からになるのかどうかという問いに対して、個人的な意見としてはYESでもありNOでもあります。

というのも、成人式は国が行うものではなく、各自治体に任されているからです。

 

とは言っても、地域によって出席年齢が異なるというのも問題がありますね。

なので、今後の各自治体の対応次第で成人式は18歳からか20歳からかのどちらかに統一されるのではと思います。

 

スポンサードリンク

 

成人式が18歳からになった場合のメリットとデメリット

では、もし仮に成人式が18歳からになった場合、どのようなメリットとデメリットが挙げられるのでしょうか?

考えられるメリットとデメリットを挙げていきます。

 

成人式が18歳になった場合のメリット

まずは成人式が18歳になった場合のメリットについて紹介していきます。

  • 成人式で問題が起こる可能性が低くなる
メリットについては、「成人式での暴動問題」。

毎年のように「荒れる成人式」や「暴れる新成人」なんてニュースが流れますよね。

もし成人式が18歳に引き下げられれば、起きる可能性は少なくなるのではと思います。

 

18歳というと、高校3年生。

成人式のすぐあとには大事な大学入試や就職が待っています。

そんな大事なときに停学や退学処分というのは、普通に考えて避けたいものですよね。

そういう思考になれば、「成人式でいっちょやってやるか」という人も少なくなるのではと思います。

 

あくまでも可能性が低くなるという程度で、18歳であろうが20歳であろうが暴れる人は暴れるんですがね。

 

成人式が18歳になった場合のデメリット

次に成人式が18歳からになることによるデメリットについて書いていきます。

  • 大学受験への影響
  • 同窓会感がなくなる
まず1つ目のデメリットが「大学受験への影響」です。

高校3年生の1月といえば、大学入試の直前。

高校生にとって一番大事な時期といっても過言ではないでしょう。

 

そんな時期に成人式を行うとなれば、すぐそのあとには大学入試が待っている。

高校生にとって、これほど酷なことはありません。

 

2つ目のデメリットが「同窓会感がなくなること」。

今までの成人式は、県外への就職や進学で遠くに行ってしまった友人と久しぶりに会える機会でもありました。

懐かしい旧友と昔話に花を咲かせたり現状報告をしたり。

それが成人式に出席する楽しみの1つでもありましたよね。

 

ですが、成人式が18歳になればそんなことはありません。

いつも会っているメンバーが集まるだけですから。

懐かしさなんて感じることもないでしょう。

 

そう考えると、成人式が少し寂しいものに感じてしまいます。

 

 

いかがでしたか?

今回は成人式が18歳に引き下げられるのかどうか。

そして成人式が18歳に引き下げられたときのメリットとデメリットについて記述していきました。

人によって感じるところは違うかと思いますが、個人的な意見はこんな感じです。

 

果たして成人式の出席年齢は18歳からになるのでしょうか?

今後の対応に注目していきたいですね。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事