徳永克彦の使用カメラや機材の種類は?写真作品の個展や年収も調査

スポンサーリンク

2018年7月15日に放送されるテレビ番組「情熱大陸」。

ゲストは、航空写真家として活躍されている徳永克彦(とくなが かつひこ)さんです。

戦闘機の写真作品を撮り続ける、世界有数のカメラマンとして有名な方なんですよ。

 

今回はそんな徳永克彦さんについて、詳しくまとめていきます。

普段、徳永克彦さんが仕事で使用しているカメラや機材の種類。

さらには、写真作品の個展の有無や気になる年収についても調査してみました。

 

ぜひ、徳永克彦さんについて、もっと知りたいという方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

徳永克彦のプロフィールと経歴

まずは簡単に航空写真家として活躍している徳永克彦さんのプロフィールと経歴について紹介していきます。

  • 名前:徳永克彦(とくなが かつひこ)
  • 生年月日:1957年1月13日生まれ
  • 出身地:東京都

 

徳永克彦さんが飛行機に興味を持ち始めたのは、中学生のとき。

1978年にアメリカの戦闘機に同乗して以来、さまざまな飛行機の写真作品を撮り続けています。

 

そんな徳永克彦さんの写真作品の特徴は、「空対空撮影」。

地上から飛んでいる戦闘機の写真を撮るのではなく、自ら戦闘機に同乗して迫力ある写真を撮っているんです。

 

ただ、この撮影方法はあまりにも危険なんですよ。

戦闘機の急上昇や急降下、横転や宙返りといったアクロバットな飛行をする戦闘機。

9Gという負荷がかかる重力の中で写真を撮るということを考えれば、とても難しいというのがイメージできると思います。

 

そして、この「空対空撮影」が許可されているカメラマンは、世界でたった3人のみ。

そのうちの1人が、今回紹介する航空写真家の徳永克彦さんというわけです。

 

さらに、徳永克彦さんの撮影の仕方は、かなりシビア。

それが「連写をしない」ということ。

 

本来カメラマンは動く被写体に対して最高の1枚を撮ろうと思えば、連写をするって当然のことですよね。

何十枚、何百枚と写真を撮れば、偶然にも最高傑作の写真が撮れる可能性がありますから。

 

ですが、徳永克彦さんは連写をしないんです。

先ほども書いたように、戦闘機は横転や宙返りを繰り返す過酷な状況。

 

そんな中で徳永克彦さんは、

  • 太陽の位置や光の角度
  • 戦闘機の速度・高度
  • 背景の地形や建物の角度

まで、すべて計算をして1枚の写真に収めています。

 

たまたま撮れた偶然の1枚ではない。

すべて計算された一瞬の美しさを切り取った1枚だからこそ、徳永克彦さんの写真作品は他のカメラマンとは一線を画すのかもしれませんね。

 

徳永克彦の年収や収入はいくら?

そんな世界で3人しかできない撮影方法を使って、航空機の写真を撮り続ける徳永克彦さん。

一体いくらくらいの年収を稼いでいるのか、少し気になるところですよね。

 

一般的なカメラマンの平均年収は約440万円、収入は月に約32万円と言われています。

ですが、フリーランスの有名なカメラマンになれば、年収は1000万を軽く超えるほど。

まさに写真の腕や技術がすべてという世界で、年収もピンキリという感じですね。

 

徳永克彦さんの場合だと、世界で3人にしか許されていない撮影方法を駆使して作品を撮っています。

さらには徳永克彦さんの写真集も出版され、カメラマンの中ではトップクラスの実力でしょう。

 

年収にすれば、軽く1000万円以上は稼いでいる、もしかしたら億を超える収入を得ている可能性すらあると思います。

 

スポンサードリンク

 

徳永克彦の写真作品の個展はあるのか?

そんな徳永克彦さんの写真作品を生で見てみたいという方もいることでしょう。

実際に徳永克彦さんの航空機の写真作品が見られる個展が開催されているのかどうか、調べてみました。

 

過去には徳永克彦さんの写真集の発売を記念したトークショーなどが開催されていたようですね。

しかし、今現在では徳永克彦さんの写真作品が見られる個展は予定されていません。

 

年間300日以上を海外で過ごすという多忙な日々を送っている徳永克彦さん。

なかなか個展の開催にまで手が回らないのかもしれませんね。

 

徳永克彦さんの写真作品を見たいという方は、徳永克彦さんの写真集「蒼空の視覚 Super Blue(3)」を購入するしかないようです。

値段はかなり高めですが、実際に購入した方からの口コミや評判は満足する声が多数挙がっていますよ。

 

最高にカッコいい瞬間ばかり納められた、最高の写真集です。

被写体となった戦闘機、その戦闘機乗りが、最高に美しく映える一瞬を切り取っています。

これらは偶然の1枚でなく「こういう構図がかっこいいはずだから、こういう飛行計画で飛んでもらってこうカメラを向ければイケる」という計算の1枚なんですよね。プロの仕事としか言いようがない。

収録写真だけでなく、背表紙や箱の装丁も素敵です。ジャケ買いして絶対に後悔はないと断言します。

 

それまで戦闘機なんて全然興味がなかったのに買ってしまった。しかもかなり高価。

でも、これは価格に見合う、いや、価格以上の価値ある一冊と思う。印刷は美しく、紙質もよく、作品の戦闘機は一見チョーカッコいいし美しい!

アイドル写真集しか売れない昨今、この強気の豪華作品集は、プロの本物のプライドを見る思いがして同じ日本人として誇らしくなりました。

 

ボリュームはありますが、高価な写真集です。

多くが空撮ですから、一般人が参考にできるわけでも、真似できるよようなシーンでもないです。

ですが、すべてデジタルとのことで、クオリティは極めて高いです。

ぜひ、手に取ってみてください。

 

徳永克彦さんの写真集の口コミや評判についてまとめてみましたが、どれも最高評価の口コミばかりでした。

強いて言うなら、欲しいけど値段が高く購入しづらいっていうくらいですかね。

ですが、その値段に見合うクオリティで、購入している方は「値段以上の価値がある」と口を揃えておっしゃっています。

 

もし今回の情熱大陸を見て、徳永克彦さんの写真作品が見たいと思った方は手に取ってみてくださいね。

 

徳永克彦の使用カメラや機材は?

最後に、徳永克彦さんが実際に使用しているカメラや機材道具について紹介していきます。

一体どんな種類のカメラや機材を使っているのか、同じくカメラが趣味の人は気になるところでしょう。

少し前に徳永克彦さんが使用しているカメラや機材道具の種類を発表していたので、それらを紹介していきますね。

 

徳永克彦の使用カメラの種類

まずは徳永克彦さんが実際に使用しているカメラの種類から。

普段、徳永克彦さんが使用しているカメラの種類は2つあります。

 

どちらもニコンの最高傑作ともいえるカメラ。

今なら型落ちということもあり、比較的安い金額で購入できるので、気になる方は一度チェックしてみては?

 

徳永克彦の機材道具一式

続いては、徳永克彦さんが使っているカメラ機材道具について。

今回特定できたのは残念ながらレンズの種類のみですが、良ければ参考にしてみてくださいね。

 

基本的に使用するレンズは主に以下の2種類。

 

さらに、必要に応じて、以下の2つも使用しているようです。

 

徳永克彦さんが使用しているカメラや機材と同じものを使って写真を撮りたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事