台風21号2018の進路予想図と強さはこちら!日本上陸はいつ頃?

2018年の台風21号(チェービー)が発生しましたね。

旅行や出張などの長距離移動を控えている人にとっては今後の天候が心配なところ。

 

そんな2018年の台風21号の進路予想図の最新版と強さをまとめています。

また台風21号の日本上陸はいつ頃になるのかについても記述していきますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

台風21号の進路予想図【最新版】と強さ

まずは2018年発生の台風21号の最新版の進路予想図を見ていきましょう。

現在発表されている台風21号の進路予想図がこちらです。

出典:ウェザーニュース

 

日本の南側に発生した台風21号。

今後は勢力を強めながら、進んでいく模様です。

 

肝心の台風21号の強さはこちら。

  • 中心気圧:1000hPa
  • 中心付近の最大風速:20メートル
  • 最大瞬間風速:30メートル

 

ちなみに、台風の強さは以下のように分類されています。

台風の強さ 最大風速
33m/s(64ノット)未満
強い 33m/s(64ノット)以上 44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上 54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(195ノット)以上

 

現在「強い台風」に分類されている台風21号。

さらに、今後は「非常に強い台風」にまで発達すると予想されています。

 

今後の台風21号の動きについても、その都度追記していきますね。

 

スポンサードリンク

 

台風21号の日本上陸はいつになる?

そんな台風21号ですが、日本上陸は一体いつになるのでしょうか?

旅行や出張を控えている人にとっては何日に台風が来るのかどうかが一番気になるところでしょう。

 

このままのスピードで進んでいくとなると、台風21号の日本上陸は9月5日~6日となりそうです。

あくまでも予想なので多少前後するかもしれません。ご了承ください。

 

今回の台風21号はかなり強い台風とされているので、十分な警戒が必要ですね。

 

 

台風の日の外出には、シェアリーという折り畳み傘がおすすめです。

その特徴は、変わった形だということ。

 

一見すると、骨が折れているように見えますが、この形のおかげで強風に強く、肩が濡れにくいという良品なんです。

値段も結構お手頃価格なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

日本に上陸した場合には、新幹線や飛行機などの交通機関が運休・欠航になる可能性もあります。

台風によって新幹線や飛行機が動かなくなってしまった場合の対応や払い戻しについては以下の記事を参考にしてください。

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事