飯田怜選手の怪我の原因や理由は?なぜハイハイしてまで進んだのか

プリンセス駅伝2018の生中継で衝撃的な映像が流れました。

岩谷産業の飯田怜選手が四つん這いの状態(ハイハイ)でタスキをつなぐ映像が流れたんです。

 

生中継を見る限り足を怪我したらしく、走れない状態になっていました。

一体飯田怜選手が足を怪我してしまった原因や理由は何なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

飯田怜選手の怪我の原因や理由は?

飯田怜選手が怪我の原因や理由として考えられるのは、以下の2つかなと思います。

  • 飯田怜選手が転んでしまった
  • 過去の傷口が開いてしまった

 

飯田怜選手の転倒

駅伝で選手が転倒してしまう場面は多々あります。

膝から血が流れているのが見て取れましたから、怪我の原因として一番可能性が高いのは「転倒」でしょうか。

 

とはいえ、単なる転倒であそこまで走れなくなってしまうものなのか。

擦り傷というわけではなく、かなり重度な怪我のように見えました。

 

最悪の場合、転倒による骨折してしまったという可能性もあり得ますね。

 

過去の古傷が開いてしまった

走っている最中に、過去の古傷が開いてしまったパターンもなくはないでしょう。

解説員によると、以前から足を怪我していたらしく体調も良くなかったとのこと。

 

とはいえ、あそこまで走れなくなるほどの傷のまま駅伝出場するものなのかとも思ってしまいます。

 

なので、可能性としては転倒が原因で怪我をしてしまったパターンが一番有力なのではないかと思いますね。

 

スポンサードリンク

 

中継では一切流れていなかった飯田怜選手の怪我の原因や理由。

今後明らかになっていくことでしょう。

 

今回のプリンセス駅伝の飯田怜選手のハイハイ事件で、批判コメントも相次いでいます。

今後の駅伝運営の見直しや監督責任の追及などに発展しそうな予感もしますね。

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事