プリンセス駅伝|飯田怜選手のハイハイ事件で炎上か

プリンセス駅伝2018で、岩谷産業の飯田怜選手が話題になっていますね。

足を怪我してしまい走れないにも関わらず、ハイハイをして次の選手にタスキをつなぎました。

このシーンを生中継していたことで、ネット上では批判の声が多数挙がり、炎上しているようなのです。

 

スポンサードリンク

 

飯田怜選手のハイハイ事件が炎上!批判コメントまとめ

飯田怜選手が膝を怪我して走れない状態であるにも関わらず、そのままリタイアさせず続けさせたとして批判コメントが殺到。

実際にプリンセス駅伝の生中継を見た人から批判コメントが相次いでいます。

 

チームのスタッフが止めなきゃいかん

 

馬鹿が美談にしそう

 

駅伝は自分だけじゃなくてチームみんなの一年間が掛かっとるからな
自分だけならリタイアしただろうけど周りが止めないと無理だよ

 

走ってるときはおさわりNGだからな

 

スタミナ切れしたとか・・・?ワイ、あまり詳しくないけど、チームの人は止めてくれないの??

 

スポンサードリンク

 

炎上の原因となったのは、飯田怜選手ではなく関係者の対応です。

ここでリタイヤしてしまったらチーム全体が終わるというプレッシャーはかなりのものでしょう。

 

必死に練習してきたみんなの1年が無駄になってしまうという、止めたくても止められない状況なわけです。

必死に地面に這いつくばってまでもタスキを繋ごうとした飯田怜選手の気持ちは痛いほど分かってしまいます。

 

ですが、そこは周りの関係者がしっかりと対応しないといけない場面だという批判コメントが多数挙がっています。

僕個人としても見ていてすごく辛かったし、早く止めさせてあげたい気持ちはありましたから。

 

監督はなぜドクターストップをかけなかったのか。

個人的には記録よりも選手の身体を一番に考えてほしかったとも思ってしまいますね。

 

  • 飯田怜選手を意思を尊重してあげたい
  • 飯田怜選手の身体を第一に考えてドクターストップさせるべき

相反する2つの意見が出てきていますが、こればかりは難しい問題ですね。

 

駅伝の大会ルールには、選手が怪我をした場合は強制リタイアみたいな決まりはないんでしょうかね?

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事