東京パロパロにyoutube広告が付かない理由や原因を徹底考察してみた

youtubeで動画を投稿している「東京パロパロ」が先日投稿した動画が話題になっています。

その動画の内容を以下に要約しております。

  • youtube広告の収益化は承認済み
  • すべての動画に「すべての広告主に適していない」という表示があり、広告が表示されない
  • これは差別ではないのか

といった内容です。

 

実は似たようなことが以前にもあり、有名ゲーム実況者のアブさんも同じようなことが起こっていました。

 

一体なぜ東京パロパロの動画にはyoutube広告が付かないのか、その理由や原因を勝手に考察していきます。

スポンサードリンク

 

東京パロパロにyoutube広告が付かない理由や原因を考察

東京パロパロの動画にyoutube広告が付かない理由や原因として考えられるのは2つ。

  • 子供が安心して見られる動画ではないと判断されている
  • 広告主側から広告出稿先を制限されている
  • グーグルもしくはyoutube側の不具合

 

 

子供が安心して見られる動画ではないと判断されている

やはり一番に思いつく理由や原因としては、「子供が安心して見られる動画ではないと判断されている」ということ。

 

youtubeで流れる広告は「グーグルアドセンス」と言われるもので、グーグルが運営している広告媒体になります。

実はこのグーグルアドセンスには、かなり厳正な規約があるんですよ。

かなり細かい規約が定められているのですが、分かりやすく説明すると子どもに見せても恥ずかしくない内容かどうか。

 

この規約が守れていないとグーグル側から警告がされ、広告表示が停止となる場合もあります。

 

しかし、グーグルもすべての動画を人の目でチェックしているわけではなく、AIによって自動で判別している場合もあるんですよね。

 

その判別方法として一番簡単なのは、動画タイトルや概要欄に含まれている単語です。

ここに過激な単語が含まれているとNGになる可能性は高いと思います。

 

実際に「東京パロパロ」の動画を見てみると、動画タイトルやアイキャッチ画像、概要欄部分に多少過激な表現が含まれていることは否めません。

もしかするとグーグルのAIから適切な動画ではないと判断されているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

広告主から広告出稿先を制限されている

次に考えられる理由や原因としては「広告主から広告出稿先を制限されている」ことです。

 

当然ですが、企業が広告を出すには広告費がかかりますよね。

そして、広告をうつ場合にはしっかりとその広告を露出させるターゲットを絞って広告をうつのが当たり前です。

 

例えば、育毛剤の広告を出すのであれば、薄毛に悩む50代の男性サラリーマンが見そうな動画に広告を出したいと思うはずですよね。

なので、あらかじめ広告を出す際には、どの動画に自社の広告を表示させるのかある程度制限して広告を打つはずです。

 

そう考えると、企業側から広告を打ちたい動画ではないと判断されているのかもしれません。

 

グーグルやyoutubeの不具合

一時的にグーグルやyoutubeの不具合によって、広告が表示されていない可能性もあります。

先述した人気ゲーム実況者のアブさんの場合も、広告が表示されなくなりましたが、また突然広告が表示されるようになったそうです。

 

もしかすると、東京パロパロの動画に広告が表示されていないのも、一時的な不具合である可能性も考えられますね。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事