世にも奇妙な物語2018秋あしたのあたしネタバレ感想!

2018年11月10日に放送される「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中で放送される「あしたのあたし」の話のあらすじ・ネタバレ・感想について紹介します。

 

ぜひ「世にも奇妙な物語2018秋」を見逃してしまったという方は、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「あしたのあたし」のあらすじ

斉木香織は、刺激のない退屈な生活を送っている主婦。

夫の拓也とも倦怠期に入り、トキメキとはほど遠い状況だ。

 

そんなある日、香織のスマホ画面にバナー広告らしきものがポップアップされる。

そこには「あしたのあたし」という文字が…。

 

興味本位でアクセスすると、いきなり香織本人の姿が画面に現れた。

映画の予告編のような動画が流れ始める。

 

予告の中で、元カレ・小野寺修二と再会を果たす香織。

まるでラブストーリーのような展開に、驚きを隠せない。

もう一度再生しようとするが、「視聴済みのため再生できません」という表示が。

 

翌朝、いつもと変わらない日常が始まり、すっかり動画のことを忘れていた香織だが、目の前に修二が本当に現れて…。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「あしたのあたし」ネタバレ

2018年11月10日放送の「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中の「あしたのあたし」の話をネタバレしていきます。

※ここから先は「あしたのあたし」のネタバレを大いに含みます。ご注意ください。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

世にも奇妙な物語2018秋「あしたのあたし」の感想

世にも奇妙な物語2018秋の「あしたのあたし」の視聴後の感想について書いていきます。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事