世にも奇妙な物語2018秋クリスマスの怪物ネタバレ感想!正体を考察

2018年11月10日に放送される「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中で放送される「クリスマスの怪物」の話のあらすじ・ネタバレ・感想について紹介します。

また、結末ラストの展開や怪物の正体についても紹介していきますよ。

 

ぜひ「世にも奇妙な物語2018秋」を見逃してしまったという方は、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「クリスマスの怪物」のあらすじ

クリスマスイブが近づき、恋人でIT企業社長の緒方良輔に素敵なホテルディナーを予約してもらった小野寺奈央。

その日、良輔からのプロポーズを期待していた。

 

気がかりなのは、クリスマスイブになると必ず現れる、不気味な装いの「怪物」の存在。

ボロボロのコートを羽織り、背中が大きく曲がっている醜い姿の「怪物」。

ボサボサの髪に覆われていて、表情は見えない。

この怪物は、7年前に起きたある事件を境に、クリスマスイブになると奈央の前に必ず現れるようになった。

 

忘れられない素敵な一日になるはずのクリスマスイブ当日。

ディナーを終えた奈央の目の前にその「怪物」が現れて―。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「クリスマスの怪物」ネタバレ

2018年11月10日放送の「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中の「クリスマスの怪物」の話をネタバレしていきます。

結末ラストや怪物の正体についても考察しています。

※ここから先は「クリスマスの怪物」のネタバレを大いに含みます。ご注意ください。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

世にも奇妙な物語2018秋「クリスマスの怪物」の感想

世にも奇妙な物語2018秋の「クリスマスの怪物」の視聴後の感想について書いていきます。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事