世にも奇妙な物語2018秋マスマティックな夕暮れのネタバレ感想!

2018年11月10日に放送される「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中で放送される「マスマティックな夕暮れ」の話のあらすじ・ネタバレ・感想について紹介します。

 

ぜひ「世にも奇妙な物語2018秋」を見逃してしまったという方は、参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「マスマティックな夕暮れ」のあらすじ

凛子は不良少年グループの文哉、一成、大知、宗徳から突然絡まれる。

「勉強できるんだったら、同心円の描き方を教えろ!」

 

不良少年たちが同心円の描き方を知りたい理由はただ一つ。

事故で死んでしまった仲間・隆を生き返らせるためだ。

 

リーダー格の隆を突然の事故で失い悲しみに暮れていた少年たちはある日、道端で「黒魔術」と書かれた古書を偶然拾う。

「死者蘇生の方法」が書かれているが数学用語だらけで全く理解できない。

 

「俺たちに数学なんてできんのかよ…」と弱気になる少年たちだが、「私も手伝います」と凛子。

その日以来、放課後になると凛子を囲んで勉強会をする日々が始まる。

 

果たして彼らは隆を生き返らせることができるのだろうか?

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2018秋「マスマティックな夕暮れ」ネタバレ

2018年11月10日放送の「世にも奇妙な物語2018秋」。

その中の「マスマティックな夕暮れ」の話をネタバレしていきます。

※ここから先は「マスマティックな夕暮れ」のネタバレを大いに含みます。ご注意ください。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

世にも奇妙な物語2018秋「マスマティックな夕暮れ」の感想

世にも奇妙な物語2018秋の「マスマティックな夕暮れ」の視聴後の感想について書いていきます。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事