大誘拐2018の結末ネタバレと感想まとめ!原作映画との違いを比較

2018年12月14日にドラマ「大誘拐2018」が放送されます。

東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマとして放送される本作品。

 

大誘拐2018を見逃してしまったという人のために、大誘拐2018の結末ネタバレと感想についてまとめています。

また、大誘拐2018の原作ともいえる映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」との内容の違いについても記述していきますよ。

 

「大誘拐 RAINBOW KIDS」はAmazonプライムビデオで配信中!

>>Amazonプライムビデオ公式サイト

 

今だけ初回30日間の無料お試しキャンペーン実施中。

期間内に解約すれば月額料金は一切かかりません。

>>「大誘拐 RAINBOW KIDS」の無料予告動画と口コミはこちら

 

スポンサードリンク

 

大誘拐2018のあらすじ

愛知県に住む、日本有数の大富豪・柳川とし子が誘拐される。

誘拐犯は3人組。リーダーは刑務所から出所したばかりの若者・戸並健一だ。

 

その誘拐捜査の陣頭指揮が任されたのが、たたき上げの刑事・伊狩大五郎。

 

犯人からの要求は、「身代金100億円」。

さらに、「記者会見を開いて身代金への返答をしろ」というものだった。

 

記者会見に臨む伊狩は、身代金100億円という犯人の要求を拒否。

この記者会見によって、事件は広く世間に知れ渡ってしまう。

 

さらに犯人の要求はエスカレート。

「とし子の全財産を整理して、100億円はすべて現金で用意しろ」「100億円の引き渡しをテレビで生中継しろ」。

 

現代のハイテクを駆使して捜査を進める警察組織。

その裏では、誘拐犯3人組と大富豪・とし子との意外な関係があった。

 

スポンサードリンク

 

大誘拐2018のラスト結末をネタバレ

2018年12月14日に放送される「大誘拐2018」。

その気になるラスト結末をネタバレしていきます。

※ここから先は「大誘拐2018」を大いにネタバレしています。ご注意ください。

 

ただいま全力で執筆中。今しばらくお待ちください。

 

大誘拐2018と原作映画との違いまとめ

「大誘拐2018」の原作とも言える映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」。

これら2つの作品の内容を比較し、違いについてまとめています。

 

大誘拐2018の舞台となるのは、愛知県。

原作映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」では、紀州だったので舞台にも違いがあります。

 

さらに、大誘拐2018は原作映画をより近代的にリメイクしています。

原作映画の公開が1991年だったので、より今の人たちのウケを狙った内容にしたのでしょう。

SNSやメディアを使った誘拐事件となり、2018年らしい内容に差し替えられています。

 

原作映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」が名作映画と言われているため、このリメイクがどのように評価されるのか気になるところですね。

 

原作映画「大誘拐 RAINBOW KIDS」はAmazonプライムビデオにて配信中!

>>Amazonプライムビデオ公式サイト

 

今だけ初回30日間の無料お試しキャンペーンを実施中。

期間内に解約すれば月額料金は一切かかりません。

>>「大誘拐 RAINBOW KIDS」の無料予告動画と口コミはこちら

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事