ミスド炎上動画の犯人を特定!配信者ひでママへの処罰や賠償金を調査

さまざまなバカッターが問題になるなか、またしてもミスドで炎上動画が公開されました。

ツイキャスでミスドの調理場に入った男性の投稿が炎上して問題となっています。

 

元従業員の男性がミスタードーナツ門司駅前店で厨房に入り、厨房内のチョコレートを舐めたところをツイキャスで配信し炎上となりました。

 

そのミスドの炎上動画の犯人とされるのが「ひでママ」という配信者。

それを受けて、翌日にはミスド本部は謝罪文を公開しています。

 

スポンサードリンク

 

ミスド炎上動画の犯人・ひでママについて

今回のミスド炎上動画の犯人とされるのが、ツイキャス配信者の「ひでママ」です。

配信者は自らツイッターアカウントに個人情報を掲載。

住所や名前、電話番号まで公開されているとのこと。

今の段階では、まだアカウントは消されておらずオープンな状態です。

 

▼ひでママのツイッターアカウントはこちら

 

そして問題となったミスド炎上動画がこちらです。

非常に迷惑な行為ですよね。

なぜこういった迷惑行為がなくならないのか不思議なくらいです。

何を思って、ひでママがこのような行為を行ったのか。そしてなぜ動画を投稿したのか。

正直理解に苦しみます。

 

いくら元従業員といえど、簡単に厨房に入れてしまうミスド店舗側の問題もありますが。

今後このようなことが起きないように、厳正な処分を下してほしいものです。

 

スポンサードリンク

 

ミスド炎上動画の犯人・ひでママへの処罰や賠償金

ミスド本部の謝罪文では、法的措置も検討しています。

しかし、具体的な処罰までは言及されていないというのが現状。

 

今回のツイキャスによるミスドへのイメージダウンや売り上げ低下による損害賠償など。

簡単に部外者が厨房に入れてしまう環境にも問題はありますが、今回の炎上動画に関してはミスド経営側も被害者と言えます。

 

企業からの損害賠償金を請求される場合、その親族にまで支払いが必要になることもあります。

今後このようなことがないように、厳正な処分に期待したいですね。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事