プレバト俳句の天才小中学生作品と評価まとめ【2019年8月15日放送】

プレバト俳句2019年8月15日

2019年8月15日放送の「プレバト」。

人気企画である「俳句」では、全国から俳句の天才小中学生を選りすぐり、5対5の団体戦を行います。

 

そんな全国から選抜された天才小学生・中学生の俳句作品や評価についてまとめています。

また今回のプレバトの放送で出演した俳句の天才小学生・中学生それぞれの実績についても参考までに紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

プレバト俳句の小学生・中学生作品と評価【2019年8月15日放送】

2019年8月15日放送の「プレバト」では、俳句の天才小学生・中学生が出演し5対5の団体戦が行われます。

そんな天才小学生・中学生5人の俳句作品と夏井先生の評価についてまとめています。

 

馬場叶羽の俳句作品と評価

馬場叶羽さんは、大阪市立玉津中学校3年生。

昨年、愛媛県で行われた「第12回夏休み句集を作ろう!コンテスト」では、中学生部門で最優秀賞を獲得しています。

このコンテストでは、自作の俳句40句を1冊にまとめた手作りの句集を作り、その俳句や装丁の出来栄えを審査するというものでした。

 

俳句40句を自作するというのも素人からすればすごいことですが、その俳句のクオリティだけでなく句集のデザインも素晴らしい出来となっています。

そんな馬場叶羽さんが手作りした句集「指球」がこちらです。

馬場叶羽俳句

引用:朝日新聞デジタル

 

猫の毛並みが非常に細かく、すごく丁寧に表現されていますよね。

これを中学生が手作りしたというのだから驚きです。

馬場叶羽さんは俳句だけにとどまらず、刺繍の才能も持ち合わせている天才中学生なのかもしれません。

 

※プレバト番組内で詠まれた馬場叶羽さんの俳句作品と評価は番組放送開始後に追記致します。

 

初見果凛の俳句作品と評価

初見果凛さんは、現在小学4年生。

愛媛県で行われた松山市俳句大会で、選者の注目を集めたのが初見果凛さんの俳句作品でした。

 

そのときの初見果凛さんが詠んだ俳句作品がこちら。

「初桜 きょうこうえんで まっとるけん」

この俳句は初見果凛さんがまだ9歳だった頃の作品です。

 

この方言が、飾らない感じですごく良いですよね。

初桜が咲いて、友達とお花見をする約束をしているのでしょうか。

小学生らしい純粋な感じが、この俳句から滲みでています。

小学生ならついつい「楽しいな」とか「うれしいな」とか使ってしまいそうですが、初桜に胸を高鳴らせている様子が上手に表現されていますね。

 

※プレバト番組内で詠まれた初見果凛さんの俳句作品と評価は番組放送開始後に追記致します。

 

 

その他の出演者である俳句の天才小学生・中学生の情報は分かり次第追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事