ほんとにあった怖い話2019「肩の女」のネタバレとラスト結末

ほんとにあった怖い話2019肩の女

2019年10月12日に「ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル」が放送されます。

そんなほんとにあった怖い話2019での「肩の女」のラスト結末を含むネタバレと感想についてまとめています。

 

  • ほんとにあった怖い話2019を見逃してしまった
  • 「肩の女」のネタバレを確認したい

という人は参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

ほんとにあった怖い話2019「肩の女」の出演者キャスト

2019年10月12日の「ほんとにあった怖い話2019」での「肩の女」の出演者キャストについて一覧にしています。

  • 脚本:酒巻浩史
  • 脚本協力:鶴田法男
  • 演出:森脇智延
  • 出演:佐々木蔵之介、佐野勇斗 他

 

ほんとにあった怖い話2019「肩の女」のネタバレ

ほんとにあった怖い話2019肩の女

2019年10月12日の「ほんとにあった怖い話2019」放送の「肩の女」のあらすじ・ネタバレ・感想についてまとめています。

ほんとにあった怖い話2019を見逃してしまった人は参考にしてみてください。

 

肩の女のあらすじ

脱サラをし10年越しの夢だったラーメン店をオープンさせた氷川武彦。

念願だったラーメン店をオープンさせたものの、客足がさっぱりなことに悩む氷川。

 

氷川は、場所も味も悪くないはずなのに、客が全く来ない理由に何となく気付いていた。

それは一緒に働いているアルバイトの立花恵介の肩に、上半身だけの女が絡みついていること。

上半身だけの女が取り付いた恵介を辞めさせれば、店に客が来るのではと考える氷川だったが、明るく人の良い恵介をクビにすることをためらう。

 

そこで、氷川は恵介の肩を塩で清めようとするが、うまくいかない。

すると今後は店内に下半身だけの女が現れる。

氷川は意を決して上半身だけの女、下半身だけの女、それぞれに塩を投げつけると彼女たちは姿を消し、その後、店は満員になるほど繁盛する。

しかし、氷川が久しぶりの忙しさに心地よい疲労感を感じながらベッドに入ると、下半身だけの女が現れ…。

 

スポンサードリンク

 

肩の女のラスト結末をネタバレ

2019年10月12日の「ほんとにあった怖い話2019」で放送される「肩の女」のラスト結末を含むネタバレです。

※ここから「肩の女」のストーリーを大いにネタバレしています。ご注意ください

 

「肩の女」のラスト結末のネタバレは番組放送開始後に追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

肩の女の感想

2019年10月12日の「ほんとにあった怖い話2019」で放送される「肩の女」を視聴した感想をまとめています。

※「肩の女」のネタバレを含む可能性がありますので、ご注意ください

 

「肩の女」の感想は番組放送開始後に追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

▼ほんとにあった怖い話20周年スペシャルのネタバレはこちら!

ほんとにあった怖い話2019全話ネタバレ一覧!ラスト結末と出演者

2019.10.12

>>ほんとにあった怖い話2019全話ネタバレ一覧!

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事