世にも奇妙な物語2019秋|コールドスリープのネタバレとラスト結末

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

2019年11月9日に「世にも奇妙な物語2019秋の特別編」が放送されます。

そのなかの「コールドスリープ」のラスト結末を含むストーリーネタバレと感想についてまとめています。

 

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2019秋「コールドスリープ」の出演者キャスト

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

2019年11月9日放送の「世にも奇妙な物語2019秋」での「コールドスリープ」の出演者キャストについて一覧にしています。

  • ムロツヨシ(藤田五郎 役)
  • 長野蒼大(藤田恭平 役)
  • 落合モトキ(藤田恭平 役)
  • 柳ゆり菜(絵里香 役)
  • 桜井聖(大岩)

 

「コールドスリープ」では、ムロツヨシさんが出演します。

少しクセの強い役者さんなので、一体どういった雰囲気のストーリーなのか非常に気になるところですね。

 

スポンサードリンク

 

世にも奇妙な物語2019秋「コールドスリープ」のネタバレ

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

2019年11月9日放送の「世にも奇妙な物語2019秋」での「コールドスリープ」のあらすじ・ネタバレ・感想についてまとめています。

世にも奇妙な物語2019秋を見逃してしまった人は参考にしてみてください。

 

コールドスリープのあらすじ

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ
「ITの風雲児」「未来を想像する男」と称される社長・藤田五郎は、幼いころからの夢である日本人初の宇宙旅行を実現させようとしていた。

さまざまな準備をして、カプセルの前に立つ藤田の傍らには、それを心配そうに見つめる副社長の大岩と一人息子の恭平がいた。

 

というのも、数週間前、藤田は治療法のない病気と診断され、余命3ヶ月を宣告されていた。

藤田が入ろうとしていたカプセルは、生物を生きたまま低温状態で保存し、組織の老化を防ぐ”コールドスリープ”の機械だったのだ。

この機械は最大50年冬眠できて、途中4回まで覚醒することができるという。

治療法が見つかる望みをかけて冬眠に入る藤田だったが…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

コールドスリープのラスト結末をネタバレ

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

2019年11月9日の「世にも奇妙な物語2019秋」に放送される「コールドスリープ」のストーリーネタバレです。

※以下から「コールドスリープ」のストーリーを大いにネタバレしています。ご注意ください。

 

「コールドスリープ」のストーリーネタバレは番組放送開始後に追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

コールドスリープの感想

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

2019年11月9日の「世にも奇妙な物語2019秋」で放送される「コールドスリープ」を視聴した感想をまとめています。

※「コールドスリープ」のストーリーネタバレを若干含む可能性がありますので、ご注意ください。

 

「コールドスリープ」の感想は番組放送開始後に追記致します。

今しばらくお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事