世にも奇妙な物語2019秋の全話ネタバレ一覧!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋ネタバレ

2019年11月9日放送の「世にも奇妙な物語2019 秋の特別編」全話ストーリーのネタバレを一覧にしてまとめています。

世にも奇妙な物語2019秋を見逃してしまったという人は、以下でネタバレをご確認ください。

 

世にも奇妙な物語2019秋で放送される各ストーリーは以下の通りです。

※上記の作品タイトルをクリックすれば、そのストーリーの結末ラストのネタバレや出演者をご覧いただけます。

 

スポンサードリンク

 

「コールドスリープ」のネタバレはこちら!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋コールドスリープ

「ITの風雲児」「未来を想像する男」と称される社長・藤田五郎は、幼いころからの夢である日本人初の宇宙旅行を実現させようとしていた。

さまざまな準備をして、カプセルの前に立つ藤田の傍らには、それを心配そうに見つめる副社長の大岩と一人息子の恭平がいた。

 

というのも、数週間前、藤田は治療法のない病気と診断され、余命3ヶ月を宣告されていた。

藤田が入ろうとしていたカプセルは、生物を生きたまま低温状態で保存し、組織の老化を防ぐ”コールドスリープ”の機械だったのだ。

この機械は最大50年冬眠できて、途中4回まで覚醒することができるという。

治療法が見つかる望みをかけて冬眠に入る藤田だったが…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

>>コールドスリープの詳しいネタバレと出演者情報はこちら!

 

「恋の記憶止まらないで」のネタバレはこちら!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋恋の記憶止まらないで

シンガーソングライターの村瀬志保は、昔のように曲を作ることができず焦りを感じていた。

ライブレストランで歌っても、誰も耳を傾けることはなく、SNSには辛辣なコメントが並んでいた。

さらに夫の中居賢治は、そんな志保を応援しながらも、少しあきれた様子だ。

 

ある日、志保は曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見る。

その夢の中に流れていたメロディーが気になり、記憶をたどりながら新曲を作る。

早速その曲をライブレストランで披露したところ、急に客たちが食事の手を止め、歌に聞き惚れ、志保に注目し始めたのだ。

さらに、配信ランキング4位にランクインし、SNSにも好意的なコメントが並び始めた。

 

そんなある夜、自宅で曲作りをしていた志保は、夢の中で聴いたメロディーが、かつて幼少期に自分が出演していたテレビ番組のCMソングだったことを知り、盗作してしまったことに気付いてしまう…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

>>恋の記憶止まらないでの詳しいネタバレと出演者情報はこちら!

 

スポンサードリンク

 

「ソロキャンプ」のネタバレはこちら!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋ソロキャンプ

藤原丈人は、大きな仕事を終えたご褒美に一人でキャンプに行くのが趣味な男。

一人キャンプ=ソロキャンプは、仕事であった嫌なことなどをすべて忘れ、自分とまっすぐ向き合える貴重な時間だという。

 

ある夜、藤原がいつものようにソロキャンプを楽しんでいると砂利を踏みしめながら何かが近づいてくる音が暗闇から聞こえてきた。

目を凝らしてみると、山にはふさわしくないスーツ姿の中年男だった。

男は笑顔を浮かべながら、藤原の向かい側に腰を下ろし、5歳の愛娘のことを話し始めた。

さらに「こんな夜中に山奥で一人キャンプは怖くないか」と男が聞くと、藤原は怖いというよりはむしろ喜びと感じると答える。

すると男は突然、藤原の傍らにあったナイフを手に取り立ち上がった…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

>>ソロキャンプの詳しいネタバレと出演者情報はこちら!

 

スポンサードリンク

 

「鍋蓋」のネタバレはこちら!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋鍋蓋

ある日、直美がパソコンを開くとネットショッピングサイトから「より良い人生を送りたいと思っているあなたに新サービス!あなたへのおすすめプラチナム」というメッセージとともに、おすすめの商品が通知されていた。

特に興味もなくやりすごす直美だったが、何度も送られてくる通知により、つい購入してしまう。

 

すると、それは、憧れの先輩・荒井のお気に入りのキャラクターグッズだった。

翌日、そのグッズをきっかけに初めて荒井に話しかけられる。

それから、サイトに勧められた商品を購入するたびに、直美は次々と幸運が舞い込み、周囲からも感謝される存在になる。

 

唯一不可解なのは使い道が分からない”鍋蓋”をおすすめされたことだ。

その後もおすすめを活用し続けた直美は中身も外見も明るくなり、荒井との距離もどんどん縮まっていった。

そしてついに荒井と2人でデートをするまでに。

「こんな私でも幸せになれるんだ」と自分に自信を持ち始めた直美だったが、荒井と同僚の由佳が仲良さそうに帰宅しているところを目撃してしまう…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

>>鍋蓋の詳しいネタバレと出演者情報はこちら!

 

「恵美論」のネタバレはこちら!ラスト結末と出演者

世にも奇妙な物語2019秋恵美論

ある日の授業中。

睡魔に勝てずに居眠りしてしまった恵美。

ふと目が覚めると、教師が恵美の生い立ち、家族構成などを話している。

「ここテストに出るぞ!」

よく見ると黒板には恵美の歴史がびっしり書き込まれ、教科書の教科名は「恵美論」に変わっていた。

 

「ええーーっ、私の教科!?」思わず叫んでしまう恵美。

しかし、教師も周りの生徒も、「恵美論」が「日本史」や「物理」といった教科の一つという認識だ。

 

さらに授業は、自分の体重の推移や失恋相手のことにも及び、恥ずかしさでたえられなくなる恵美。

放課後、廊下を歩いていると学年一のイケメン男子・伊澤亮介にぶつかる。

亮介が持っていたのは「恵美論」の参考書。

「恵美」が昔から好きだと聞いて「恵美論」の話だとわかりつつ舞い上がる恵美だったが…。

引用:世にも奇妙な物語2019秋公式サイト

 

>>恵美論の詳しいネタバレと出演者情報はこちら!

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事