1キロ弁当が買えるお店の場所はどこ?たけしのニッポンのミカタ放送

1キロ弁当

2020年4月17日放送の「たけしのニッポンのミカタ」。

亀戸の人気デカ盛り弁当店では「1キロ弁当」なるものが購入でき、話題となっています。

 

そんな1キロ弁当が買えるお店の場所や店名を紹介します。

1キロ弁当の評判や値段情報もまとめていますので、ぜひ実際に足を運んでみてください。

 

スポンサードリンク

 

1キロ弁当が買えるお店「キッチンDIVE」の場所はどこ?

1キロ弁当

1キロ弁当が買えるのは「キッチンDIVE」というお店です。

赤い看板で目立ちやすいので、近くを通ればすぐにお店に気付けるはずですよ。

お店の前には「挑戦者求む 1キロ弁当」と書かれているので、非常に分かりやすいです。

 

亀戸駅前の大通りに面した場所にお店があるので、昼食時や夕飯時には非常に人気のある弁当店なんですね。

特に12時前後と20時前後が最も混雑しやすい時間帯なので、来店する際にはご注意ください。

支払いは現金のみですが、配達も可能なので自宅が近くの人は配達してもらうのも良いかもしれません。

 

ちなみに、1キロ弁当が買える「キッチンDIVE」は24時間営業。

いつでも美味しい弁当が購入できるというのは、非常にうれしいですね。

 

▼キッチンDIVEの詳しい場所はこちら

 

スポンサードリンク

 

1キロ弁当の評判&値段情報まとめ

1キロ弁当

1キロ弁当を実際に食べた人の口コミや評判、値段などの情報をまとめています。

 

1キロ弁当の値段は、驚愕の555円。あまりにも安いですよね。

1キロ弁当ばかりに目がいってしまいますが、店頭には「毎日満足200円弁当」と書かれたのぼりも置かれています。

弁当が200円で購入できるというのも、あり得ませんね。

24時間営業なうえに、これだけコスパが良いと毎日通いたくなります。

 

ただ、「安かろう悪かろう」ということもあります。本当に美味しいのかどうかというのも大事ですよね。

実際にキッチンDIVEで1キロ弁当を購入した人の評判や口コミを見ていきましょう。

 

さまざまな人が1キロ弁当に関する感想をツイッターにアップしていますが、「美味しい」という感想ばかり。

というのも、キッチンDIVEの1キロ弁当は客寄せのための弁当であり、利益はほとんどないそうです。

なので、1日の1キロ弁当の販売数は決まっていて、売り切れになってしまうこともしばしば。

 

1キロ弁当の気になる中身は、表面の揚げ物もしくはハンバーグの下に、さらに揚げ物。

さらにその下にはパスタや焼きそばがあり、非常に食べ応えがあります。

ご飯は付けないことも可能なので、もし食べきれないという場合はご飯なしにもできますよ。

 

▼2時間待ちの卵かけご飯定食の情報はこちら

卵かけご飯定食で2時間待ちのお店「但熊」の場所はどこ?

2020.04.16

>>卵かけご飯定食で2時間待ちのお店「但熊」の場所はどこ?

 

スポンサードリンク

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事