米津玄師のアルバムおすすめランキング!初心者向けに古参が紹介

スポンサーリンク

若い世代を中心に人気の米津玄師さん。

どの楽曲も一度聴いたらずっとリピートしたくなる名曲揃いです。

 

僕は米津玄師さんの曲を、ボカロ曲を提供していた「ハチ」名義の頃からずっと聴いていたほどのファン。

今も米津玄師さんの曲を聴きながら、この記事を書いています。

 

そんな米津玄師さんがこれまでに発売しているアルバムの中から、おすすめをランキング形式で紹介していきますよ。

 

これまで米津玄師さんがリリースしているアルバムは以下の通りです。

  • diorama
  • YANKEE
  • Bremen
  • BOOTLEG

 

初めて米津玄師さんのアルバムを購入しようと考えている方に向けて、どのアルバムがおすすめなのかをお話ししていきますね。

ロセッティ
米津玄師さん初心者さんに向けて、入門向けアルバムを紹介するよ!

 

スポンサードリンク

 

米津玄師のアルバムからおすすめをランキング形式で紹介

米津玄師さんがこれまでに発売したアルバムの中から、初心者におすすめのアルバムをランキング形式で紹介しています。

※僕の独断と偏見でランキングにしていますので、ご容赦ください

 

第4位:Bremen

収録曲

  1. アンビリーバーズ
  2. フローライト
  3. 再上映
  4. Flowerwall
  5. あたしはゆうれい
  6. ウィルオウィスプ
  7. Undercover
  8. Neon Sign
  9. メトロノーム
  10. 雨の街路に夜光蟲
  11. シンデレラグレイ
  12. ミラージュソング
  13. ホープランド
  14. Blue Jasmine

 

ゆったりとした楽曲が多く収録されているのが「Bremen」。

一言で言うなら、ポジティブなアルバムに仕上がっています。

歌詞も前向きで分かりやすいのが良いですね。

 

米津玄師さんのアルバムの中では3作目にあたるアルバムですが、1作目や2作目に比べて万人受けするアルバムという印象です。

 

第3位:diorama

収録曲

  1. ゴーゴー幽霊船
  2. 駄菓子屋商売
  3. caribou
  4. あめふり婦人
  5. ディスコバルーン
  6. vivi
  7. トイパトリオット
  8. 恋と病熱
  9. Black Sheep
  10. 乾涸びたバスひとつ
  11. 首なし閑古鳥
  12. 心像放映
  13. 抄本

 

米津玄師さんの楽曲の魅力である不協和音感が一番強く出ているアルバムなのが「diorama」。

クセが強めの楽曲が多いですが、いかにも米津玄師って感じで個人的には一番好きなアルバムですね。

中毒性の高い楽曲が多いので、一度ハマると米津玄師ワールドから抜け出せなくなりますよ。

 

ファーストアルバムということで、米津玄師さんらしさが存分に楽しめるアルバムに仕上がってます。

 

第2位:YANKEE

収録曲

  1. リビングデッド・ユース
  2. Mad Head Love
  3. Wooden Doll
  4. アイネクライネ
  5. メランコリーキッチン
  6. サンタマリア
  7. 花に嵐
  8. 海と山椒魚
  9. しとど晴天大迷惑
  10. 眼福
  11. ホラ吹き猫野郎
  12. Toxic Boy
  13. 百鬼夜行
  14. Karma City
  15. ドーナツホール

 

米津玄師さんファンの中で最も人気が高いアルバムが「YANKEE」。

有名な楽曲が比較的多く収録されているので、初めてアルバムを買う人にもおすすめですよ。

米津玄師さんをあまり知らないという人でも、どこかで聴いたことのある曲が多いのがうれしいところ。

 

ファーストアルバムの「diorama」がより洗礼されて深みを増した良盤だと思っています。

 

第1位:BOOTLEG

収録曲

  1. 飛燕
  2. LOSER
  3. ピースサイン
  4. 砂の惑星
  5. orion
  6. かいじゅうのマーチ
  7. Moonlight
  8. 春雷
  9. fogbound
  10. ナンバーナイン
  11. 爱丽丝
  12. Nighthawks
  13. 打上花火
  14. 灰色と青

 

初めて米津玄師さんのアルバムを購入しようと思っている人は「BOOTLEG」が一番おすすめ。

「LOOSER」や「打上花火」、菅田将暉さんとコラボした「灰色と青」などの有名曲を収録しています。

ドラマや映画の主題歌を聴いて、米津玄師さんを知ったという人は、絶対に満足できる1枚ですよ。

 

1曲1曲の完成度はもちろんですが、1枚のアルバムとしても最高。

1曲目の「飛燕」から始まり、最後の「灰色と青」で見事に締めくくられています。

 

僕はこれまで、ジャンル問わずさまざまなアーティストのアルバムを聴いてきましたが、迷わず邦楽史上で3本の指に入る名盤ですよ。

 

通勤や通学の電車の中で、自宅のリビングで。

とにかくヘビロテして聴いても、飽きることのないアルバムですね。

 

スポンサードリンク

 

米津玄師のおすすめアルバムまとめ

こんな人はこのアルバムがおすすめだよってのを最後に紹介していきます。

ぜひアルバム購入の際の参考にしてみてくださいね。

  • BOOTLEG:最近の楽曲多め。アルバムの完成度がすごい!
  • YANKEE:米津玄師ファン一番人気のアルバム。
  • diorama:クセが強めの楽曲が多め。「THE 米津玄師」って感じのアルバム
  • Bremen:万人受けするアルバム。全体的にポジティブな曲が多め

 

米津玄師さんのアルバムは曲自体ももちろんですが、歌詞カードも楽しみの一つでもあります。

歌詞カード1枚にも米津玄師ワールドが広がっていますよ。

 

初めて米津玄師さんのアルバムを購入する際の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事