FF14初心者向け金策方法!おすすめギル稼ぎ完全網羅【2019年最新版】

FF14を始めたばかりの初心者向けに、おすすめの金策方法をまとめています。

何から始めたら良いのか分からないという人のために、どこよりも分かりやすくギル稼ぎのやり方を解説していきますね。

 

  • 夢のマイホームを購入してハウジングしたい!
  • もっと強い装備が欲しい!

そんな人はぜひ参考にしていただいて、今日から金策を始めてみましょう!

 

スポンサードリンク

 

FF14初心者は金策方法によるメリット・デメリットを理解しよう

金策と一言で言っても、そのやり方はさまざまです。

FF14での主な金策方法は「戦闘職」「ギャザラー」「クラフター」の3つ。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、まずはどのやり方が自分に合っているのかを把握しましょう。

 

戦闘職による金策のメリットとデメリット

メリット 「ギャザラー」「クラフター」のレベルが低くても稼げる
デメリット 稼ぐのに時間がかかる

 

戦闘職での金策による一番のメリットは「今すぐに金策を始められる」ことです。

たとえ「ギャザラー」や「クラフター」のレベルを全然上げていないという人でも、すぐにギルを稼ぐことができるというのが魅力ですね。

 

デメリットとしては、ダンジョンに潜ったり戦闘をしたりするので稼ぐまでに時間がかかること。

「戦闘職のレベル上げをしながらギルも稼ぎたい!」という人には、おすすめの金策方法です。

 

ギャザラーによる金策のメリット・デメリット

メリット 初期投資がかからないので確実に稼げる
デメリット 採取が単調作業で面倒

 

ギャザラーによる金策の一番のメリットは「確実に稼げる」こと。

全くのゼロから素材を入手できるので、それをマーケットボードで売れば売値がまるまる利益になります。

 

ただ、ひたすらに採取という単調作業を繰り返すのでかなり面倒

「地道にコツコツ稼ぎたい」「単調作業が苦じゃない」という人にはおすすめの金策方法です。

 

クラフターによる金策のメリット・デメリット

メリット 短時間で大きく稼げる可能性がある
デメリット 逆に損失になる可能性がある

 

クラフターの一番のメリットは「短時間で大きく稼げる可能性がある」こと。

FF14でギルを大きく稼いでいる人のほとんどは、このクラフターでの金策によるものです。

 

ただアイテムを作るには、必要となる素材が必要になってくるのでコストがかかります。

場合によっては全く売れず、逆にギルを減らしてしまう恐れがあるということを理解しておきましょう。

需要のあるアイテムを見極める力が必要になってくるので、初心者の人にはあまりおすすめできません。

 

スポンサードリンク

 

FF14初心者におすすめの金策方法まとめ【戦闘職】

FF14初心者におすすめの戦闘職による金策方法は、以下の通り。

  • 攻略手帳のコンプリート
  • コンテンツルーレット:レベリング
  • マテリア売却
  • 特定モンスターのドロップアイテム

 

攻略手帳のコンプリート

サブクエスト「忘れられた攻略手帳」で解放

レベル15以上でリムサロミンサ上甲板にいる「イ・トルワン」から受注可能

 

攻略手帳に記されている課題をクリアすることで金策になります。

30項目の課題をクリアすることで最大5万ギルの稼ぎ。

経験値稼ぎにもなるので、序盤のうちは積極的に課題の達成を狙って行きましょう。

 

攻略手帳は毎週火曜日17時に更新され、何度でも行えるので週課とすると良いですね。

たかが5万ギルと思うかもしれませんが、毎週やっていると結構貯まりますよ。

 

コンテンツルーレット:レベリング

メインメニューの「コンテンツファインダー」から参加できる「コンテンツルーレット:レベリング」。

これは初心者はもちろん、上級者の人も行っている金策方法になります。

コンテンツルーレット:レベリングとは…

通称「レベルレ」。

現在解放されているダンジョンの中から行き先がランダムに決められ、攻略に挑む

 

ボーナス報酬がもらえるのは1日1回だけですが、これだけで7000ギル~1万ギルほど稼げます。

経験値やギルががっぽり稼げる、かなり美味しい金策ですね。

 

各ダンジョンのマップやギミックを覚えることもできるので、1日1回挑戦することをおすすめします。

 

マテリア売却

サブクエスト「思いが生み出す力」で解放

レベル19以上で中央ザナラーンにいる「スヴィンブルース」から受注可能

 

メインストーリーを進めていくと、多くの装備品を入手するようになってきます。

そのため、アーマリーチェストの装備品スロットがかなり圧迫されるんですよね。

 

そんな装備品を捨てたり店売りしたりするのはもったいない!

使い古された装備品でも、実はギルが稼げるんです。

 

それが装備品の「マテリア化」です。

精錬度が100%の装備品はマテリア化することができ、それによって入手できる「マテリア」はかなり売れます。

「マテリア」ランク別の売値目安

  • ○○のマテリア:約200ギル
  • ○○のマテリダ:約600ギル~1200ギル
  • ○○のマテリガ:約2000ギル~6000ギル
  • ○○のマテリジャ:約3000ギル~7万ギル

 

一度身に付けた装備品は、マーケットボードで売ることはできません。

しかし、「マテリア化」することで使い古した装備品もギルにすることができるんです。

もう使わないであろう古い装備品は、マテリアにして売っちゃいましょう!

 

特定モンスターのドロップアイテム

特定モンスターを倒すことで入手できる素材を売ることでも金策になります。

マーケットボードを確認して、よく売れている素材や値段の高い素材を見つけてみましょう。

 

初心者でも稼ぎやすい素材の例を挙げるとすれば、こんな感じ。

  • アルドゴートの粗皮
  • しなやかな腱
  • ダイアマイトウェブ
  • メガロクラブの足
サーバーによって素材の値段は大きく異なります

あなたのサーバーでは値段が安かったり売れなかったりする可能性もあります。

事前にマーケットボードで確認のうえで討伐しましょう。

 

アルドゴートの粗皮

羊っぽい見た目のモンスターがドロップする素材です。

ミオトラグス・ナニー(Lv16)やミオトラグス・ビリー(Lv16)から入手可能ですよ。

▼おすすめの狩場は、東ザナラーンのキャンプドライボーン近く

 

しなやかな腱

アンテロープ系のモンスターがドロップする素材。

アンテロープ・ドゥ(Lv20)を倒すことで入手できます。

▼おすすめの狩場は、黒衣森・南部森林のバスカロン監視所跡付近

 

ダイアマイトウェブ

マイト系の蜘蛛モンスターがドロップする素材です。

ベーンマイト(Lv25)が大量生息しているので、どんどん狩れちゃいますよ。

▼おすすめの狩場は、黒衣森・北部森林のアルダースプリングス

 

メガロクラブの足

メガロクラブ(Lv13)がドロップする素材です。

討伐モンスターのレベルが低いので、サクサク倒せるので効率的です。

▼おすすめの狩場は、低地ラノシアのゴッズグリップ

 

ロセッティ
戦闘職の金策方法は、経験値を稼ぎながら稼げるのが魅力!

日々コツコツやってれば、気が付くと結構な金額になってるよ

 

FF14初心者におすすめの金策方法まとめ【ギャザラー】

FF14初心者におすすめのギャザラーによる金策方法は、以下の通り。

  • シャード売却
  • ○○原木系の素材売却
  • ○○鉱系の素材売却

 

シャード売却

ギャザラーはレベル15以上にならないと、なかなか稼ぐことはできません。

というのも、ギャザラーのレベルが低いうちに入手できる素材は、NPCが安値で売っているからなんです。

NPCが安く売っているのに、わざわざマーケットボードから購入する必要はありませんよね。

 

ですが、ギャザラーのレベル1でも稼ぐことは可能です。

それが「シャードの売却」。

 

シャードは、クラフターが物を作るのに必ず必要になるアイテムです。

そのため、初心者だけでなく上級者からも需要があるアイテムなんですよ。

各シャードの値段は約50ギル前後と安いですが、マーケットボードに出せば確実に売れるでしょう。

 

ギャザラーのレベル上げついでに、シャードを掘って金策するという方法もあります。

 

○○原木系のアイテム売却

ギャザラーの「園芸師」が入手できる素材。

原木系の素材は、多くのクラフターが装備品を作るのに使用します。

そのため、結構稼ぎやすい素材の一つと言えますね。

 

個人的におすすめしたい原木系の素材は「エルム原木」。

Lv15良木から入手できるので、園芸師を始めたばかりの人でも早めに金策することが可能ですよ。

サーバーによって素材の値段は異なります

事前にマーケットボードで確認しておくことをおすすめします

 

NPCが店売りしている素材ですが、主要3国(グリダニア、リムサ・ロミンサ、ウルダハ)では売られていません。

そのため、買いに行くのが面倒な人がマーケットボードで購入することが多い素材です。

 

エルム原木を採取できるポイントは、黒衣森・中央森林のベントブランチ付近です。

 

○○鉱系のアイテム売却

ギャザラーの「採掘師」が入手できる素材。

○○鉱系の素材は、クラフターがインゴット系アイテムを作るのに大量消費します。

そのため、結構稼ぎやすい素材の一つと言えますね。

 

個人的におすすめしたい素材は「銀鉱」。

Lv25採掘場から採取できるので、初心者でも比較的やりやすい金策方法だと思います。

サーバーによって素材の値段は異なります

事前にマーケットボードで確認しておくことをおすすめします

 

NPCが店売りしている素材ですが、主要3国(グリダニア、リムサ・ロミンサ、ウルダハ)では売られていません。

そのため、買いに行くのが面倒な人がマーケットボードで購入することが多い素材です。

 

銀鉱を採掘できるポイントは、黒衣森・南部森林のアッパーパス付近です。

 

マーケットボードで稼げる商品を見つける方法

  • 単価の高い商品
  • 1日に何個も売れている
  • 出品者が多くない

売れる商品かどうかは上記の3つで判断していきます。

 

まず、初めはその商品の単価が高いこと。

どうせ売るなら単価の高い商品の方が効率よく稼げます。

自分が採取可能な素材の中から、なるべく単価が高い商品をピックアップしましょう。

 

また、リアル世界の物流と同じで「需要」と「供給」を意識することも大切です。

1日に何個も売れていれば「需要あり」。需要がなければ、そもそも売れません。

出品者が多ければ「供給多過」で価格競争になり、単価は安くなる恐れがあります。

なるべくライバルが少ない商品を狙っていきましょう。

 

ロセッティ
採取が面倒ですが、確実に稼げるというのがギャザラーの魅力!

マーケットボードを確認して、売れる商品を見つけ出しましょう。

 

FF14初心者におすすめの金策方法まとめ【クラフター】

FF14初心者におすすめのクラフターによる金策方法は、以下の通り。

  • 中間素材の売却
  • ギャザラーやクラフター装備の売却
  • 見た目がオシャレな装備品の売却
  • 家具などのハウジングアイテムの売却

 

中間素材の売却

クラフターが作れるアイテムの中には、さらにそれを素材にして作るアイテムが存在します。

例えば、「○○材」や「○○インゴット」なんかが中間素材にあたります。

中間素材の例

「エルム原木」→「エルム材」→「ショートソード」

このエルム材が中間素材にあたる。

 

こういった中間素材は比較的売れやすい傾向があります。

よく「クラフターの商売相手はクラフター」と言われている理由がこれですね。

 

中間素材はレベルの低いクラフターでも作れるうえに、それで作れる装備品は高レベルのものが多いです。

なので、クラフター初心者の人が稼ぐなら、まずは中間素材を狙ってみるのをおすすめします。

 

ギャザラーやクラフター装備の売却

クラフターが作れる装備で、序盤から売れやすいのが「ギャザラーやクラフターの装備品」です。

ギャザラーやクラフターで良いアイテムを入手する場合、装備品が重要になります。

 

レベルの低い初心者向けの装備品でも意外と売れるので、レベル上げついでに作ってみるのも良いですね。

自分用に作って、あとでマテリア化させるのもアリですよ。

 

見た目がオシャレな装備品を売却

見た目がオシャレな装備品を売却するのも、クラフターにおすすめの金策方法ですね。

というのも、FF14には「ミラプリ」というシステムが存在します。

ミラプリとは…

装備品の性能をそのままに、見た目だけを別の装備品に変更できる

 

序盤のうちは性能が良いという理由だけで、クソださい装備品を我慢して身に付けないといけません。

ですが、上級者になってくると性能だけでなく見た目にもこだわりたくなる人が大勢いるんですね。

 

そういった人はレベルの低い装備品だろうとギルを出して購入してくれます。

見た目だけなので、NQ品でも普通に売れちゃいますよ。

 

家具などのハウジングアイテムの売却

ハウジングで利用する家具などのアイテムも需要があり、おすすめの金策方法です。

これも見た目だけなので、アイテムレベルの高い低いは関係なく売れますね。

 

家具類は大量に購入するものではないので、出品者もあまりいません。

穴場の家具を狙って作ることができれば、一度に数万ギル単位を稼ぐことも十分に可能でしょう。

いちいちクラフターで作るのが面倒というセレブたちもいますしね。

 

ロセッティ
大きくギルを稼げるチャンスがあるのがクラフターの魅力!

売れる商品を見つけ出して、がっぽり稼いじゃいましょう

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事