東京花火大祭の穴場スポット&撮影場所まとめ!地図画像付きで紹介

スポンサーリンク

2018年8月11日(土)に開催される東京花火大祭

数々の賞を受賞した花火師たちがお台場海浜公園に集結し、これまでになかった壮大な花火大会となっています。

 

今回はそんな東京花火大祭の穴場スポットや撮影場所を、地図画像付きでこっそり紹介していきますよ。

 

  • 人混みは苦手だけど、花火は楽しみたい
  • カップルで落ち着いた場所で花火を見たい

そんな方はぜひ参考にしていただいて、東京花火大祭を満喫してみてください。

 

スポンサードリンク

 

東京花火大祭の穴場スポット&撮影場所まとめ

では、さっそく東京花火大祭の穴場スポットと撮影場所について紹介していきます。

 

どこも地元民だけが知っているような、絶景スポットとなっていますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介するのは、会場外で花火が楽しめる穴場スポットです。

そのため、サウンドやパフォーマンスといった演出を十分に楽しめない可能性があります。

ご容赦ください。

 

辰巳桜橋

地元の人しか知らない穴場中の穴場とされるスポットです。

東京湾花火大会が開催された日も、ひっそりと花火を楽しむ人の姿が見られました。

 

有明スポーツセンター展望台

レインボーブリッジと花火、両方を楽しめる贅沢な穴場スポットです。

ベンチが設置されている展望廊下から花火を見ることができますよ。

無料の休憩所も隣接しているので、花火が始まるまでの間もゆっくり過ごすことができるのもうれしいですね!

 

自由の炎像の付近

金色に輝き、空にシュッと伸びたオブジェ「自由の炎像」。

この付近は高い建物が比較的少ないので、意外と穴場なスポットです。

 

品川埠頭

お台場から対岸側にある品川埠頭も人気の穴場スポット。

正面が海になっているので、障害物が少なく花火を満喫できます。

ビール片手に花火なんてのも良いですね。

 

潮風公園

東京花火大祭の会場から近いこともあり、間近で花火が楽しめる絶景スポット。

ただ会場から近すぎるあまり、人が多く集まる可能性が高いと思われます。

もし潮風公園で花火を見るなら、早めに場所を確保しておくことをおすすめします。

 

新浜崎橋

正面が一面海になっていて視界を遮るものがないため、花火がよく見えるベスト穴場スポット。

被写体を綺麗に映すことができるので、撮影スポットとしても最高の場所ですね!

 

竹芝桟橋

レインボーブリッジを挟んで、花火を楽しむことができます。

レインボーブリッジの上で花咲く花火を楽しめる数ある名穴場スポットの一つです。

 

レインボーブリッジ

まさに知る人ぞ知る、超穴場スポットです。

レインボーブリッジのぐるっとカーブしたところの真下。まさに盲点をつくベストオブ穴場&撮影スポットですね。

ブルーシートを広げて、ビール片手に花火を楽しむ人もいるほど。

レインボーブリッジは徒歩でも渡ることもできますよ。ただ穴場スポットに行くまでがちょっと大変なのがデメリットといえます。

 

スポンサードリンク

 

東京花火大祭の打ち上げ場所と見どころについて

最後に、簡単に「東京花火大祭」の詳細と見どころについてお話していきます。

 

東京花火大祭の日程と打ち上げ場所

  • 日程:2018年8月11日(土)
  • 打ち上げ場所:お台場海浜公園

 

東京花火大祭の見どころはなんといっても、熟練の花火師たちが打ち上げる花火。

その花火の数はなんと12000発!

 

数々の賞を総なめにしてきた凄腕の花火師たちが一堂に会する花火大会は、史上初なのではないでしょうか。

東京花火大祭でしか見られないオリジナル花火もあるみたいですよ。

 

さらに、音楽や歌舞伎を融合させたパフォーマンスなんてものも用意されています。

最後には特大の花火が夜空を綺麗に彩りますよ。

 

まさに「東京花火大祭」の名にふさわしい、夏の一大イベントですね。

 

東京花火大祭の見どころまとめ

  • 熟練の花火師たちによる12000発の打ち上げ花火
  • 東京花火大祭でしか見られないオリジナル花火
  • 「花火×音楽」「花火×歌舞伎」といったパフォーマンス
  • 最後は特大花火が夜空を華麗に彩る

 

いかがでしたか?

ひっそりと花火を楽しみたいって人は、ぜひ穴場スポットや撮影場所を参考にしてみてくださいね!

今回紹介した穴場スポットはまさに知る人ぞ知る場所のみを厳選してみました。

デートで利用すれば、もしかすると2人で花火を独占できちゃうかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事