刑事ゼロ1話のネタバレと感想!時矢暦彦の嗅覚が犯人を追い詰める!

2019年1月10日に放送されるドラマ「刑事ゼロ」。

その第1話残りあらすじ・ネタバレ・感想についてまとめています。

 

ぜひ当日の放送を見逃してしまった人は、参考にしてみてください。

 

ドラマ「刑事ゼロ」の全話ネタバレは、以下の記事にまとめています。

>>刑事ゼロ|ネタバレ完全版!最終回の結末ラストや犯人の正体まとめ

 

スポンサードリンク

 

刑事ゼロの1話あらすじ

京都府警捜査一課刑事・時矢暦彦(沢村一樹)は、「京都府警に時矢あり」と言われるほど優秀な刑事。

だが、容疑者・能見冬馬(高橋光臣)を追跡中に、廃工場の貯水プールに転落する。

病室で目を覚ましたとき、なんと刑事拝命以来の20年間の記憶を失っていることに気付く…!

 

スポンサードリンク

 

刑事ゼロの1話ネタバレ

時矢は見舞いにやってきた元相棒・福知市郎(寺島進)のことを暴力関係者と誤解する始末。

さらに、新たにコンビを組むように命じられた新人女性刑事・佐相智佳(瀧本美織)から、深夜に女性府議会議員・椎名蒼が刺殺されたことを聞いてビビりまくってしまう。

その遺留品を見せられても、記憶が戻るどころか、まるでピンときていないようだ。

 

記憶喪失をことを周囲に打ち明ける間もなく、新たに発生した殺人事件の初動捜査に駆り出される時矢。

被害者のフリーライター・今宮賢は公園の鉄棒に吊るされていた挙句、鉄棒と遺体の前面には色付きの粘着テープが奇妙な形で貼られていた。

 

このテープが示す形は、犯人からのメッセージなのか。

そして、府議会議員の殺害現場にも、記号のような謎の血文字が残されていた。

 

有名な府議会議員としがないフリーライターの間に接点があるとは到底思えない。

 

ところが、粘着テープに顔を近づけた時矢は「同じ匂いがする」と驚愕の一言を発する。

実は失った記憶の代わりに鋭い五感を備えた時矢は、そこに議員殺害現場の遺留品を同じ匂いを嗅ぎ取ったのだ。

 

記憶喪失になったことを知らない周囲からは、時矢は未だ敏腕刑事と思われている。

そんな時矢の一言がきっかけで、あっという間に郷どいう捜査本部が設立されることとなる。

しかし、2つの事件の共通性が他に見当たらず、捜査は難航。

本部内での時矢の立場は微妙なものになっていく…。

 

そんななか、時矢は2つの事件に残された図形が、香りを嗅ぎ分ける遊びである「組香(くみこ)」に関係しているのではないかと勘づき始める。

調べを進めていくうちに、事件の周辺には高名な小説家・鳴島恭三(小林稔侍)の影がちらつく。

 

そんな矢先に、第三の事件が起きる。

第三の事件の被害者は、今宮社長。鳴島恭三の息子・鳴島芳孝によって殺害される。

第二の事件の被害者・今宮賢の父親だ。

 

これまでの3つの殺人事件の被害者は、香道サークルのメンバー、そしてその関係者だった。

 

そして、ついに記憶喪失になってしまったことが、佐相にバレてしまう。

 

そんななか、福知が鳴島家と椎名蒼との繋がりを見つける。

鳴島恭三の息子・鳴島芳孝の出生届を見てみると、その出産に立ち会った医者が椎名蒼だった。

椎名蒼は市議会議員になる前は医者だったのだ。

 

そして第四の事件が起き、桜子が階段から転落。病院へと搬送される。

その現場にも、同じく「源氏香図」が残されていた。

 

さらに、時矢は今宮社長の遺言書を調べるために、顧問弁護士のもとへ向かう。

そこで、DNA鑑定書を覗き見し、鳴島桜子と今宮社長が不倫関係にあったこと。そして、その息子が鳴島芳孝だったのだ。

 

「源氏物語」は不倫の子の悲劇を描いた物語とされている。

20年前に鳴島桜子は香道サークルで今宮社長夫妻と出会い、お互いに惹かれ合ってしまう。

そして、不倫関係となり、そのときにできた子が、鳴島芳孝なのだ。

 

さらに、時矢は今回の事件の関係者と「源氏物語」の登場人物がぴったり当てはまると言う。

そこから最後に狙われるのは、鳴島恭三の可能性が高いと推測。

書店アワードの授賞式に出席することになっている鳴島恭三を保護するため会場に向かう。

 

しかし、その会場から忽然と姿を消す鳴島恭三。

現場に残された「源氏香図」は徐々に大きくなっているため、次の殺害現場の場所を予想。

そこで、鳴島恭三が倒れているのを発見する。

そして、そこには真犯人・鳴島桜子の姿もあった。

 

今回の連続見立て殺人は、すべて鳴島芳孝自身が書いた小説「虚空の香り」をなぞらえたものだった。

 

第一から第三の殺人は、鳴島芳孝により実行された。

本来の筋書きでは、第四の事件で鳴島芳孝自らが重症になり、第五の事件で鳴島恭三を殺害する予定だった。

 

しかし、今宮社長殺害の際に深い傷を負った鳴島芳孝は、その後死んでしまう。

死ぬ間際に桜子にすべてを話した芳孝に代わり、その後の事件を桜子が引き継ぐこととなる。

 

第四の事件では、いかにも犯人に襲われたかのように自ら階段から転落。

その後、病院を抜け出し、恭三を呼び出した桜子。そこで恭三とともに心中するつもりだったのだ。

 

「虚空の香り」の結末は、主人公が父親を殺害し自殺するというもの。

桜子は、芳孝が書いた小説「虚空の香り」を世に出したかったと話す。

 

その後、時矢に説得され、桜子は殺人未遂で逮捕された。

 

刑事ゼロの1話感想

ドラマ「刑事ゼロ」の記念すべき第1話は、2時間という大ボリュームでの放送でした。

そのため、かなりストーリーが作り込まれていて、とてもオリジナル脚本としては完成度が高いドラマだと思いますね。

 

僕は小さい頃からミステリー小説とかミステリー漫画とか好きでよく読んでたんです。

そのなかでも「見立て殺人」とか「なぞらえ殺人」とかが、大好物なんですよ←

今回の刑事ゼロ1話のストーリーなんかは、まさに僕の好きな感じの話でしたね!

 

次回の刑事ゼロ2話の放送も非常に楽しみです。

 

ドラマ「刑事ゼロ」の全話ネタバレは、以下の記事にまとめています。

>>刑事ゼロ|ネタバレ完全版!最終回の結末ラストや犯人の正体まとめ

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事