LUSHのバスボムの使い方解説!割り方や使用時の注意点まとめ

入浴剤として人気の高いLUSHのバスボム。

プレゼントで貰ったり、自分へのご褒美として購入する人も多いのではないでしょうか。

 

そんなLUSHのバスボムですが、初めて使用する人にとっては使い方が分かりにくいですよね?

バスボムを丸々1個使うのか、完全に混ぜてから入るのか、疑問に思われる人も多いでしょう。

 

そこで、LUSHのバスボムの使い方について詳しく解説していこうと思います。

また、LUSHのバスボムの割り方や使用時の注意点についても紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

LUSHのバスボムの使い方解説

LUSHのバスボムの基本的な使い方は、お湯を張ったバスタブに1個丸々ポイっと投げ入れるだけです。

一度の入浴でバスボム1個が基本ですね。

これだけで、癒される香りと美しい見た目のお風呂を楽しむことができますよ。

 

ですが、LUSHのバスボムは結構値段が高いので、1個丸々使用するのはもったいないと感じてしまう人もいると思います。

なかには、バスボムを半分に割り、2回に分けて使用するという人もいますね。

 

もちろん、バスボムを2つに割って使用しても大丈夫ですが、お湯の量によっては薄くなってしまうので注意してください。

家族など複数人で入るという場合は、バスボムを丸々1個使っちゃった方が良いと思います。

※LUSHのバスボムの割り方については後述しています。

 

普通の入浴剤とかだと混ぜながら溶かす人が多いと思うんですが、LUSHのバスボムは混ぜずに溶けるまで放置がおすすめです。

LUSHのバスボムは鮮やかなグラデーションで綺麗なんですが、混ぜてしまうと異なる色同士が混ざり合い、濁ったお湯になってしまうんです。

お世辞にも綺麗な色とは言えませんので、香りだけでなく見た目も楽しみたいという人はLUSHのバスボムは混ぜずにそのまま入浴する方が良いですよ。

 

▼LUSHのバスボムの使い方【参考動画】

※再生時間10分10秒あたりから、LUSHのバスボムの使い方が紹介されています

 

LUSHのバスボムの割り方

LUSHのバスボムを2回に分けて使用したいという場合は、バスボムを半分に割って使用しましょう。

 

個人的におすすめの割り方は、バスボムの切れ目に沿ってマイナスドライバーやナイフを当てて、ゴム製ハンマーで軽く叩くと綺麗に割ることができます。

ただどうしても多少は砕けてしまったり、ボロボロになってしまう場合がありますね。

正直こればかりはどうしようもないので、ご容赦ください。

 

さらに、バスボムの種類によっては割ってしまうことで色の変化をあまり楽しめなくなる種類もあります。

もともとLUSHのバスボムは、1個まるごとを入れる前提に作られているので仕方ありませんね。

 

ボロボロになっちゃっても良いという場合は、ビニール袋やジップロックに入れて、手で砕いてやるのが一番簡単です。

 

スポンサードリンク

 

LUSHのバスボムの使用時の注意点について

LUSHのバスボムを使用する際に、絶対に知っておいてほしい注意点をまとめています。

バスボムを使用してから後悔しないために一読しておくことをおすすめします。

 

LUSHのバスボム使用後は早めに掃除する

これはLUSHのバスボムだけに限った話ではないですが、入浴剤が浴槽に色移りしてしまうためです。

実際LUSHのバスボムは色が鮮やかなだけに、色移りしやすそうなイメージを持たれる人も多いですから。

 

1日放置しておくだけで、浴槽に汚れが付いてしまって掃除が大変なことになります。

浴槽の色素沈着はかなり厄介で、なかなか色を落とすのに苦労しちゃうんですよね。

入浴後はなるべく早めに浴槽を洗い流すようにしましょう。

 

LUSHのバスボムは種類によっては掃除が大変

LUSHのバスボムの種類はかなり豊富で、なかには少し変わったバスボムも販売されています。

そのため、バスボムの種類によっては掃除が大変なものがあるんですよ。

 

具体的に例をいくつか挙げて紹介しますね。

  • バターボール:お湯が冷めるとバターが固まって汚れが取れにくい
  • ドラゴンの卵:大きい飾りがいっぱい入っている
  • ローズクイーン:花びらが入っている

上記の種類は、その中身や材料の関係上、どうしても掃除がめんどくさくなってしまいます。

香りや見た目はとても良いんですけどね。

 

掃除の労力を少しでも減らしたいという人は、LUSHのその他の種類のバスタブにした方が無難ですよ。

 

スポンサーリンク

人気おすすめ記事